Monumento

手取層群の恐竜発掘

ogaworks

2017-11-03

Tags: ocr-generated 福井県 勝山市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 手取層群の恐竜発掘
1988年の予備調査以来、福井県では恐竜化石を掘り続けています。 1億2000万年前(白亜紀前期)と考えられています。この当時、日本列島は
北谷に露出する地層は「北谷層」と呼ばれており、手取層群という 存在しておらず、大陸の一部でした。発掘された化石には恐竜のほかに、カメ、
より大きな地層群の一部に含まれています。北谷層の時代はおよそ ワニ、魚、貝、植物が含まれ、それらから当時の環境がわかってきました。
第1次発掘調査
第2次発掘調査
第3次発掘調査
第4次発掘調査
1989年からスタートした恐電化石発掘調査は、当初踊いの値での発超
でしたが、2年目からは画を大きく山側へ掘削し、地層の下を掘り出す方法を
採用しました。重機を使っての大規模な発掘作業です。
フクイサウルス・テトリエンシス
第1次調査で得られた成果を拡充するもので、超削エリアも第1次発掘よりも
さらに山間に握り進めました。フクイサウルスやフクイラプトルの現在の電元
につながる成果が得られた実りある国でした。
フクイラプトル
キタダニエンシス
恐竜博物館が関盤してからはじめての本格的な発掘作業です。3種目の恐竜
フクイティタンが見つかったほか、ドロマエオサウルス類、フクイサウルスとは
別のイグアノドン類、オルニトミモサウルス類などが隆々と見つかりました。
フクイティタン・ニッポンシス
ドロマエオサウルス顔
重機とハンマーと人々の情熱が新しい標本を見つけ出し、そのことで過去
への幅がさらに大きく聞くことを期待しています。
オルニト2モサウルス間
ドン
発掘中

Texts

monumento
2018-03-27 22:59 (0)
monumento

Comments/Photos

ogaworks ogaworks over 4 years

手取層群の恐竜発掘

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

ogaworks (2017/11/07)
Tags: ocr-generated 福井県 勝山市