Monumento

auto-translate Professor Hideo Hideo Ono, a pio...

wawa

2017-08-21

Tags: 東京日日新聞 東京帝国大学 立木神社 日本の新聞学研究の開拓者 小野秀雄 萬朝報 日本新聞学会 日本新聞発達史 新聞原論 かわら版物語 顕彰碑建立委員会 滋賀県 草津市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Professor Hideo Hideo Ono, a pioneer in Japanese newspaper studies, was born in this area of Kusatsu on August 14, 1885 (Meiji 18) as the eldest son of Hideaki Ono, a 38-year-old Shogunate of Shiki Shrine . After graduating from Tokyo Imperial University, after working as a reporter of the Millennium newsletter, Tokyo Shimbun newspaper (the predecessor of the Mainichi Shimbun), in 1919 (Taisho 8) year (34 years old), I am willing and willing to do, Tokyo empire I re-entered the university graduate school and walked the way to build the foundation of the research of the newspaper. The teacher was a scholar who played a leading role in the development and development of academic research of newspapers in Japan and newspaper reporter education, the head of the newspaper laboratory of the Tokyo Imperial University literature department, the University of Tokyo professor, the first director of the newspaper research institute, the Sophia University Professor, Department of Newspaper Dean, Faculty of Letters, Deputy Chairperson of the Japan Society of Newspapers, Honorary Chairman of the same. Main article is "Nihon Shimbun Development History", "Newspaper Principle", "Kariwa Version Story". In 1955 (Showa 30), a Newspaper Cultural Award was awarded from the Nippon Newspaper Association on the achievement. Deceased, July 18, 1977 (91 years old 11 months). August 14, 2010 Akira Monument Construction Committee

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 日本报纸研究的先驱Hideo Hideo Ono教授于1885年8月14日(明治18年)出生在草津的这个地区,作为Shiki Shrine的38岁的Shogunate的Hideaki Ono的长子。从东京帝国大学毕业后,在1919年(大正8年)(34岁)作为千禧时事通讯,东京新闻报(民主新闻的前身)的记者,我愿意并愿意做,东京帝国我重新进入大学研究生院,走上了建立报纸研究基础的道路。这位老师是日本报纸学术研究的发展和发展以及报纸记者教育,东京帝国大学文学系报纸实验室负责人,东京大学教授,报纸研究所第一任主任,索菲亚大学的学者。文学系教授,文学院院长,日本报业协会副主席,同一名誉主席。主要文章是“日本新闻发展史”,“报纸原则”,“Kariwa版故事”。 1955年(昭和30年),日本报业协会颁发了报纸文化奖。死者,1977年7月18日(91岁11个月)。 2010年8月14日Akira Monument Construction Committee

日本の新聞学研究の開拓者  小野秀雄 先生
 小野秀雄 先生は、立木神社 の中臣家38代宮司の小野秀圓の長男として、1885(明治18)年8月14日に、草津のこの地に生まれる。東京帝国大学 を卒業後、萬朝報東京日日新聞 (毎日新聞の前身)の記者を経て、1919(大正8)年(34才)の時に、思うところあって志をたて、東京帝国大学大学院に入学し直し、新聞学研究の礎を築く道を歩んだ。
 先生は日本における新聞の学問的研究及び新聞記者教育の開拓と発展に主導的な役割を果たした学者で、東京帝国大学文学部新聞研究室主任、東京大学教授、同新聞研究所初代所長、上智大学教授、同文学部新聞学科長、日本新聞学会 初代会長、同名誉会長などを歴任。主著に「日本新聞発達史 」、「新聞原論 」、「かわら版物語 」などがある。
1955(昭和30)年に、その功績にたいして日本新聞協会から新聞文化賞
が授与された。
没年、1977(昭和52)年7月18日(91才11ヶ月)。
平成22年8月14日
顕彰碑建立委員会

Texts

tenma
2019-02-03 17:35 (0)
tenma
monumento
2018-03-28 00:05 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa over 4 years

日本の新文学研究の開拓者 小野秀雄 先生 立木神社(滋賀県草津市4-1-3)境内

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2017/08/21)
Tags: 生誕之地 auto-translate 立木神社 滋賀県 草津市
wawa (2017/08/21)
Tags: 東海道 江戸時代 中山道 延宝 草津宿 東海道名所図会 文化 京都 草津市教育委員会 追分 行者 伊勢大神宮 草津追分 石道標 壬生村のあしだの 万宝院 山城愛宕山 愛宕神 近江名所図会 滋賀県 草津市
kawa_sanpo (2017/02/18)
Tags: 登録有形文化財 草津市教育委員会 八百久店舗兼主屋 厨子二階建て 虫籠窓 滋賀県 草津市
kawa_sanpo (2017/02/18)
Tags: 徳川家康 重要文化財 良弁 石田三成 草津宿 関ヶ原合戦 常善寺 叡尊上人 木造阿弥陀如来 二十五菩薩 足利義尚 滋賀県 草津市