Monumento

いろり Open Hearth 川崎市立日本民家園

wawa

2017-05-14

Tags: ocr-generated 神奈川県 川崎市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated だんだん釣
(岩手県・紫波町)
自然木と藤書を
用いた自在鉤
(東京都・桧原村)
ロココ
いろり
Open Hearth (Irori )
枝木利用
いろりは、ヒドコ・ホド・ユルリ・ジロ・ヒ
ジロなどとよばれているが、その意味すること
は「人の居場所」あるいは「火所」を表している。
特に東北・北陸地方など、気候的に寒さの厳し
い地域では、食事や団らん、あるいは夜なべや
客の接待などで、1年中その火は燃え続けてい
た。ここでのいろりは、まさに人が寄り集い、
人と人とを結びつける生活の中心舞台であっ
た。
「またいろりの火は、民家という建物を維持し
ていくためにも必要であった。いろりの火の熱
と煙は、害虫を駆除するばかりではなく、湿気
をとり除き、腐食をおさえ、民家を長持ちさせ
る役割も果たしていた。
火棚のある自在鉤
(富山県・大弓村)
竹筒を用いた自在鉤
(埼玉県秩父郡)
車のある自在鉤
(青森県南津軽郡)
金具を用いた自在鉤
(青森県南津軽郡)
@WAWA
いろりの釣 参考文献:柳田国男「火の番」、本山桂川『日本民俗誌』

Texts

monumento
2018-03-28 10:03 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa about 5 years

いろり Open Hearth 川崎市立日本民家園

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2022/02/18)
Tags: 神奈川県 川崎市
wawa (2022/02/18)
Tags: 神奈川県 川崎市
wawa (2022/02/18)
Tags: 神奈川県 川崎市
wawa (2022/02/18)
Tags: 神奈川県 川崎市