Monumento

復元民家 旧柳澤家住宅 国立市古民家 国立市泉5丁目21−20

wawa

2017-05-14

Tags: ocr-generated 東京都 国立市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated OWAWA
復元民家 旧柳澤家住宅
国食事制定文化財(土
)

析江

業行
構造 入母屋造り・茅葺き」
旧所在地
国立市青柳五〇三番地
旧所有者 梅澤勇一郎氏
建築年代 戸時代後期
復元規模
九・五間(十六・七m)
四・五間(七・九m)
総高
七・五m
平面積 三十六・五坪(一ニO・五m)
使用部材 一松「四六本
十五本
(解体時)
十一本 標」 七本
「三本 格三本
「三本
三本
合計「八八本
昭和六十年 十月 柳澤氏より国立市へ寄贈
昭和六十年十一月 十二月解体工事实施
平成二年十一月 移築復元工事着手
平成三年三月 移築復元工事完成
この家は、江戸時代から青梅(旧青海村)にあ
った農家を移築し、復元したものです。
国立市は、甲州街道沿いに開けた近せの上谷
保村・下谷保村(明治八年に合併し谷保村とな
る)・青梅村・石田新田を母体として成立しまし
た。南海村は、「新編武蔵風土記稿」によると、
寛文十一一六一)年に多摩川の対岸から移任
してきた人々が開拓したとされています。
建築年代を確定する資料は発見されていませ
んが、解体調査の結果、江戸時代後期に建てら
れたものと推定されます。時代を経るに従って、
何度か改築された跡がみられますが、建築当初
の間取りは、ダイドコロとウマヤを含む土間部
分ど、アガリハナ(ヒロマ)・ザシキ・オクの床
上部分から成る広間型と呼ばれるもので、その
姿に復元しています。
柳澤家は、屋号をたくあん屋」といい、明治
から昭和初期にかけては、養蚕とともに漬物業
も営んでいたということです。
平成三年三月
国立市教育委員会
国立市古民家(旧柳沢家住宅)利用案内
(祝日の場合は開館し、翌日を休館)
12月2日~1月 日、別に国立市教育
開館時間 午前9時~午後5時
毎月第2・第4木曜日
使用の1週間前までに くにたち郷土文化館
団体での見学は前もって郷土文化館に
へ「古民家使用申請書」を提出してください。 Q
一般の見学以外に古民家を利用するときは
委員会が定める日
ご連絡ください。
問い合わせ くにたち郷土文化館(電話 042-576-0211)


館 日
見学
使用の申請

古民家は国立市指定有形民俗文化財です。
使用にあたっては管理者の指示にしたがっ
お 願 い
デイトコロ
|
谷保村・青柳村のようすと現在の国立市域
(明治15年参謀本部陸軍部測量局「府中隊」をもと二加筆補正)
く復元平面図>
桁行 9.5間(16.7m)

Texts

monumento
2018-03-28 10:03 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa about 5 years

復元民家 旧柳澤家住宅 国立市古民家 国立市泉5丁目21−20

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2017/05/14)
Tags: ocr-generated 東京都 国立市
wawa (2017/05/21)
Tags: ocr-generated 東京都 国立市
kawa_sanpo (2017/02/11)
Tags: ocr-generated 東京都 国立市
kawa_sanpo (2017/02/11)
Tags: ocr-generated 東京都 国立市