Monumento

東京湾海堡 富津岬

wawa

2017-04-23

Tags: ocr-generated 千葉県 富津市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated とうきょうおん
東京湾海堡
富津岬の沖に見える手前側の島が第一海径、その先の島が第二海堡
である。海保とは、人工の島に造られた砲台で、明治時代に陸軍軍人
の西田明則が中心となり、日本陸軍省によって富津岬と観音崎を結ぶ
東京湾口に3つ建設された。海径が造られた目的は、外国の軍艦から
首都を護ることであり、建設され順に東京湾第一海保、第二海堡、第
三海と名付けられた。このうち第一海保、第二海堡が富津市地育、
第三海星が横須賀市地剤となっている。
第一海送は明治14年(1881)~明治23年(1890)の9年間、第二海室は
明治22年(1889)~大正3年(1914)の25年間、第三海星は明治25年
(1892)~大正10年(1921)の29年間の歳月を費やして建設された。
近代日本で最初に造られた人工島の海星は明治39年(1906)にアメ
リカから技術提供を求められたほど、注目された技術であった。海保の
建設工事の従事者は、その多くが千葉県の人々で、中でも富津市域の
人々がその6割を占めていたといわれる。
面積は第一海径が23,000m、第二海堡が41,000f、第三海径が
26,000ml である。このうち横須賀市の地面となっていた第三海望につ
いては、航路の安全を図るため平成12年(2000)度から平成19年(2007)
度にかけて撤去工事が行われた。
三つの海堅が実戦に使われることはなかったが、首都防衛上の抑止」
力になっていたと推測できる。日露戦争中の明治37年(1904)、ロシ
アのウラジオ艦隊が日本の周囲に出撃し、近海で日本の輸送船を撃沈
したが、東京湾には入らなかったという事実がそれを裏付けている。
平成22年(2010)11月25日
富津市教育委員会
S
第一海屋
富津岬
展望台
元洲砲台
第二海堡
OWAWA

Texts

monumento
2018-03-28 10:13 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa about 4 years

東京湾海堡 富津岬

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2017/09/29)
Tags: ocr-generated 神奈川県 横須賀市
wawa (2017/09/29)
Tags: ocr-generated 神奈川県 横須賀市
wawa (2017/09/29)
Tags: ocr-generated 神奈川県 横須賀市
wawa (2017/09/29)
Tags: ocr-generated 神奈川県 横須賀市