Monumento

auto-translate Okgyo remains 2 (tomigusuku city...

thimigushiku_tara
Tags: 沖縄戦 首里城 遺構 真玉橋 那覇港 木橋 1522年 軍事要所 第二尚氏 尚真 五連橋 世持橋 世寄橋 1707年 1809年 1836年 世済橋 スーチリ 潮切り 石工技術 現地保存 復元 1837年 重修真玉橋碑文 1995年 市有形文化財 豊見城市歴史民俗資料展示室 真玉橋自治会 1980年 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Okgyo remains 2 (tomigusuku city designated cultural asset) -Shi aims to defend Naha and Naha port are 1522 (Yasushi original) SHURI Castle and military points to the second, Mr. bridge was the third King of real time is.
In addition, transportation between SHURI and shimajiri district in the Ryukyu King Government era also. Initially,-Shi is quintuplets bridge wooden bridge, said Chuo-Shi, and South was an unnamed bridge drop bridge and ends with Bridge, on the north side. In 1707 (Kang-Hee 46) begins renovations to the stone bridge, was completed the following year. Provisional wooden bridge was built across the river flooded due to heavy rains in 1809 (0/1400), Yorii bridge is damaged, but was again destroyed due to heavy rain.
Said the facelift and drop bridge in 1836 (the way light 16), built a new generation bridge to the North, construction finished the following year.
SCIRI (tide cut) is provided with madanbashi was big and beautiful curves of five arches, leg, weakens the pressure due to the flow of the river for the structural bridge stone culture of landscape in Okinawa was completely destroyed in the battle of Okinawa in 1945 (0/1945). By the battle of Okinawa in the Prefecture lost many heritage.
However, the battle was confirmed as a precious cultural heritage could not previously seen only in photos that you can see the height of masonry of the interpreter by late past century again "Ishibashi-Shi" to us its stately appearance actually recognized in the "Visual" value.
Recovery and utilization, from things like this and in situ preservation for posterity was developed allowing "madanbashi Ishibashi remains local store Promotion Council" launched in 1997 (0/1997), aimed to save the signature activity, neighborhood protest movement. After that, experts in configuring "-Shi" Committee established, we've discussed how to save "-Shi".
As a result, tomigusuku city side of the bridge and determine how to save some different opinions, some buried back save two, saving the ruins. "Heavy Shu-Shi inscription" celebrate the renovation work over 2 degrees "stone bridge", built in 1837 (road light 17) was destroyed by the battle of Okinawa "stone bridge" in as well.
Its remaining historical documents designated tangible cultural property (0/1995) in 1995 and is currently exhibited in tomigusuku city historical Folk Museum.
Has the inscription in the Council-Shi (0/1980) in 1980 lost by the battle of Okinawa and restore ago the present Hall, convey to future generations "stone bridge" in activities actively.
Is "Ishibashi-Shi" is madanbashi inhabitants even of tomigusuku city people's pride and heart, and walked along with the deep affection of the local residents.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Okgyo 仍是 2 (tomigusuku 市指定文化资产)

-石旨在捍卫那霸和那霸港口是 1522 (靖原件) 首里城和军事点到第二,布里奇是真正的时间的第三个国王。 此外,首里与尻之间的交通也区在琉球国王政府时代。
最初,-石是五胞胎桥木桥,说中央石,和南是无名的桥落桥和端桥北侧。 1707 年 (康朴正熙 46) 开始翻修的石桥,完成了第二年。 临时木桥始建 1809 年因暴雨被淹过河 (0/1400),寄居桥梁损坏,但再被大雨毁坏了。 在 1836 年说整容和滴桥 (方式轻 16),建造新一代桥向北,建设完成了第二年。
萨利姆 (潮切) 提供与 madanbashi 又大又美丽曲线的五个拱门,腿,削弱流动的河流造成的压力,为 1945 年冲绳岛景观结构桥石文化被毁在冲绳岛战役中 (0/1945)。
在自治州的冲绳战役失去了很多遗产。 然而,这场战斗证实视为宝贵的文化遗产能不以前只能在照片,你可以看到晚过去世纪由口译员的砌体的高度再次"石桥石"向我们中的"视觉"的价值实际上承认其庄严的外观。
回收再利用的东西喜欢这和原位保存为后人留下了允许"madanbashi 石桥遗迹本地存储促进会"于 1997 年推出 (0/1997),旨在保存的签名活动,社区抗议运动。
之后,专家在配置"-石"成立委员会,我们已经讨论了如何保存"-石"。 作为一个结果,tomigusuku 城边的那座桥,并确定如何向一些不同的意见,一些埋回保存两个,保存废墟。
"重苏轼题字"庆祝超过 2 度"石桥",建于 1837 (路光 17) 被战斗破坏的冲绳"石桥"中以及进行翻新工程。 其剩余的历史文献指定有形文化财产 (0/1995) 于 1995 年,目前在 tomigusuku 市历史民俗博物馆展出。
已经刻在理事会石 (0/1980 年) 1980 年失去了由冲绳与还原前的较量本大厅,积极传达给下一代"石桥"活动。
是"石桥石"是 madanbashi 甚至 tomigusuku 市人民骄傲和居民的心,和深厚的感情,当地居民的往前走去。

真玉橋遺構2(豊見城市指定文化財)

 真玉橋 は、1522年 (嘉靖元)首里城 並びに軍事要所 である那覇港 及び那覇を防御することを目的として、第二尚氏 第三代国王尚真 の時代に架けられた橋です。また、琉球王府時代には首里と島尻地方を結ぶ交通の要でもありました。
 当初、真玉橋は五連橋木橋 であり、中央を真玉橋といい、南側が世持橋 、北側が世寄橋 、両端は名前のない橋でした。1707年 (康煕46)に石橋への改築工事が開始され、翌年完成しました。1809年 (嘉慶14)に大雨のため川が氾濫し、世寄橋が破損したために仮の木橋が架けられましたが、大雨により再び破壊されました。その後、1836年 (道光16)に世寄橋 を改築し、その北側へ新たな世済橋 を築き工事は翌年に終了したと言われています。
 真玉橋は、大きく美しい曲線の5つのアーチが連なり、脚部には、川の流れによる水圧を弱めるためにスーチリ潮切り )が設けられ、構造的にも景観的にも、沖縄独特の石造文化を代表する橋でしたが、1945年(昭和20)の沖縄戦 で破壊されてしまいました。
 沖縄戦によって県内では数多くの文化遺産が失われました。しかし、戦後半世紀を過ぎて再び「真玉橋の石橋」が私たちにその風格ある姿を現したことによって、通事の石工技術 の高さを見ることができ、これまではその姿を写真でしか見ることができませんでしたが、実際に「視覚」で確認される貴重な文化遺産としての価値が再認識されました。
 このようなことから後世のためにも現地保存 し、復元 ・活用できるようにと1997年(平成9)「真玉橋の石橋遺構現地保存推進協議会」が発足し、署名活動等、保存に向けた住民運動が展開されました。
 その後、学識経験者等で構成する「真玉橋検討委員会」が発足し、「真玉橋」の保存方法について議論してきました。その結果、豊見城市側の橋は一部埋め戻し保存、一部異説保存という二つの保存方法を決定し、その遺構 を保存しています。
 「石橋」の二度にわたる改修工事を記念して1837年 (道光17)に建てられた「重修真玉橋碑文 」は、「石橋」同様に沖縄戦によって破壊されました。その残存史料は1995年 (平成7)に市有形文化財 に指定され、現在は豊見城市歴史民俗資料展示室 に展示されています。
 真玉橋自治会 では1980年 (昭和55)に沖縄戦によって失われた碑文を現公民館前に復元し、「石橋」の存在を後世に伝えるなどの活動を積極的に展開してきました。
 「真玉橋の石橋」は真玉橋住民さらには豊見城市民の誇りと心のよりどころであり、地域住民の深い愛情とともに歩んできたのです。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-13 15:23 (1145)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara over 1 year

真玉橋遺構2(豊見城市指定文化財)

thimigushiku_tara thimigushiku_tara over 1 year

#<User:0x007f888941d098> 文面①

thimigushiku_tara thimigushiku_tara over 1 year

#<User:0x007f88894f2ec8> 文面②

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/04/13)
Tags: 沖縄戦 真玉橋 木橋 1522年 五連橋 世持橋 世寄橋 1707年 世済橋 スーチリ 潮切り 1837年 六連の石橋 1996年 沖縄県 豊見城市
gotosheng (2016/06/14)
Tags: 沖縄県 豊見城市
gotosheng (2016/06/02)
Tags: 沖縄戦 沖縄県 那覇市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: シーサー 漫湖 真玉橋 守り神 魔除け 石獅子 ガーナー森 魔物 旧 イリヌシーサー アガリヌシーサー カラヤームイ 瓦屋原 那覇市国場 イリグムイ シーシウガミ 健康祈願 auto-translate 沖縄県 豊見城市