Monumento

東平貯鉱庫跡 別子銅山跡 東平(とうなる)歴史資料館

wawa

2017-04-11

Tags: ocr-generated 愛媛県 新居浜市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 昭和30年頃の貯鉱庫(別子銅山記念館蔵)
東平貯鉱庫跡
明治35年(1902)に第三通洞が貫通し、明治38年(1905)に東平の中
央に新選鉱場が、東平~黒石駅間に索道が、新選鉱場から第三通洞を経て東
延斜坑底に連絡する電気鉄道がそれぞれ完成した。大正5年(1916) には、
採鉱本部が東延から東平(第三地区)に移転して、東平が採鉱拠点となる。
第三通洞から搬出された鉱石は、大マンプ、福井橋、小マンプを通って終
点の新選鉱場に運ばれた。鉱石と岩石とに選別された鉱石は貯鉱庫に貯めら
れ、順次索道で黒石駅へ下ろされた。後には距離を短縮して黒石駅から端出
場へと変更して下ろされ、四阪島製錬所に運ばれた。
小学生親相
(とうなるちょこうこあと
銅山から運び出された鉱石をためておく倉庫。ここにためた鉱石は、索道
銅山か
(鉱石を運ぶ ープウェイ)で黒石駅へ運ば
運ぶ長さを短くして
端出場へ運ばれた。
くろいし

新乐市
©WAWA

Texts

monumento
2018-03-28 10:27 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa about 4 years

東平貯鉱庫跡 別子銅山跡 東平(とうなる)歴史資料館

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

wawa (2017/04/27)
Tags: 愛媛県 新居浜市