Monumento

Salt-Making and the Salt Farm Site of Yone

thimigushiku_tara
Tags: 沖縄戦 干潟 与根 塩田 入浜式塩田 泊潟原 泡瀬 製塩地 与根マース クミ ろ過槽 約3万8千坪 マースヤー 煙突 auto-translate 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

Salt-Making and the Salt Farm Site of Yone

 In Yone, the salt fields were that of Irihama-style which used the ebb and flow of the tides. It was once one of the major areas of salt production within the prefecture, and the salt was known as the Yone Masu. The salt production in those days was done by spraying sea water on the sand spread on the salt fields where it was left to dry under the sun. The dried sea water left salt on the sand which was placed in a filtering system called Kumi. More salt water was added before filtering again, and the salt on the sand melted to create condensed salt water. Finally, the water was boiled down to achieve salt.

 There were salt fields that were unable to be used after the Battle of Okinawa, but those fields that saw relatively less damage were once again used for salt production in the old fashioned way and which continued for a while after the war. The settlement of Yone along the seashore was known for the rows of chimneys, smoking from the fires in the salt production. However, from around 1955, refined salt production became the main stream and eventually, the traditional methods of salt production dwindled, and with that, the salt fields also were seen less and less. Later, the areas of the salt fields became reclaimed.

 Today, refined salt continues to be produced here and has become a local specialty product.

auto-translate alt 制作和报盐农场网站

中报,盐领域是的 Irihama 风格,其中使用的潮起潮落。它曾经在自治州内盐生产的主要领域之一,盐被称为报鲑。在那些日子里的盐生产是通过在传播上的盐的字段,将其留在阳光下晒干的沙滩上喷洒海水。干的海水左边被放置在一个叫做 Kumi 的过滤系统的沙盐。再次,过滤前增加更咸水和在沙子上的盐融化打造盐凝结水。最后,水被煮来实现盐。

有盐字段不能用于后的冲绳岛战役,但是看到相对较少的损害这些领域再一次被用于盐生产的老式的方法,并且继续在战后一段时间。报在海边的解决而闻名的行从盐生产中火灾冒烟的烟囱。然而,在 1955 年前后,从精制盐生产成为主流和最终,盐生产的传统方法减少了,这,盐田也被并且越来越少。后来,盐田的领域成为了回收。

今天,精制的盐继续在这里生产,已成为当地特色产品。

与根の塩づくりと「塩田跡」

 字与根塩田 は、干潟 を利用した入浜式塩田 で、かつては泊潟原 (那覇市)、泡瀬 (沖縄市)などと並ぶ県内でも主要な製塩地 となっており、そこで生産される塩は「与根マース 」の名で知られた。その起源は、明治30年代中ごろ、おもに那覇・泊からの移住者らにより始められたものである。

 当時の塩づくりは、塩田に砂をまき、これに海水を散布して天日に干し、砂に塩分を付着させる。この砂を集めて「クミ 」と呼ばれる「ろ過槽 」に入れ、さらに海水をかけてろ過すると、砂に付着した塩分が溶け出し濃縮された塩水が得られ、これを煮詰めて塩にした。

 塩田は満潮になると水没して作業を中断しなければならなかったため、昭和4年(1929)には塩田の周りに防潮堤が建設されるなど周辺整備も進められ、終戦までに約3万8千坪 の塩田が開発されている。

 沖縄戦 によって、防潮堤が破壊され、塩田内の砂利採取により使用不能となった箇所もあったが、被害の少なかった一部の塩田が再開され、戦後しばらくまで昔ながらの塩づくりが行われた。海岸沿いの集落に立ち並ぶマースヤー煙突 から塩焚きの煙がたなびく光景は与根の風物詩であった。しかし昭和30年前後から、外国産の原料塩を海水に溶かし焚き直してつくられる「再製塩」が出回ったため、従来の塩づくりは次第に行われなくなり、それに伴い塩田も姿を消していった。その後、塩田跡地一帯は埋め立てられ現在は「ゴルフ場」となっている。

 いまでも、再製塩による製塩業が特別の許可を得て続けられ、地元の特産品となっている。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-06 11:39 (1374)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-06 11:38 (686)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 21 days

与根の塩づくりと「塩田跡」

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/04/19)
Tags: 拝所 発祥の地 ニライカナイ 瀬長島 瀬長 アマミキヨ 南海大神加那志 アカサチ森 豊見城間切 龍宮 ウフシカグラ 神の島 信仰の島 土地接収 天御人 按司墓 瀬長物参 ムヌメー 子寶岩 昭和50年 平成18年 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 沖縄戦 シーサー 与根 田頭 石獅子 数珠森 ジジムイ 戦車 アメリカ軍 民俗文化財 auto-translate 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 組踊 auto-translate 歌碑 瀬長島 平敷屋朝敏 仲風節 名嘉香峰 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 組踊 平敷屋朝敏 手水の縁 當間一郎 崎間麗進 新垣義夫 豊平峰雲 沖縄県 豊見城市