Monumento

The Kojaya of Bin

thimigushiku_tara
Tags: 無病息災 建造物 龕屋 龕 野辺送り コーヌユーエー 渡嘉敷 コージャー アカンマー コージャーヤー コーヤー 波平 翁長 阿波根 北波平 石組み 旧暦八月九日 龕のお祝い 奉納舞踊 五穀豊穣 auto-translate 糸満市 シーサー 卯年 酉年 大豊年祭 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

The Kojaya of Bin

 This building housed Gan (portable shrines in the shape of a castle that carried the deceased). In the settlement of Bin, the Gan were referred to as Koja, and the structure that stored the Gan were called Kojaya.

 According to lore, the Gan of Bin was originally owned by the adjacent settlement of Hanja (Kitanamihira, Itoman City), and was traded with the Shisa from Bin. In the past, the deceased was placed in the Gan during the funeral procession, carried to the resting site by people, but after the war, with the spread of cremation, these funerals became less and the Gan was last used in 1958.

 Gan is still placed inside the Kojaya, and it is said the damage to the Gan is significant since it was last used.

 Prayers are offered every year on the day of the Konu-Yuae (festivities held for the Gan), which is August 9 on the lunar calendar, and once every six years during the Big Harvest Festival, offerings are placed in front of the Kojaya and dances and other rituals are conducted. These festivities are in prayer for the safety of the residents and for abundant harvests.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Echo的Cojugar(Yaeya)这座建筑物是一座存放着“龛”的建筑物(一个带着死者的清醒人物的形象),在Kei Haemon中,龛体被称为“Koja”或“Akanmar”之类我们称之为“coier”或“Koyer”。据说这个人在大正时代已经将定居中的Udun Moo转移到现在的位置。根据传统,据说,松本汉字的竹子交换原来由毗邻的Horaira定居点(Itoman City Kita wave)拥有的松本茂所有的Shisa。在过去,当发送田地时,死者被带到坟墓并被职员运送到坟墓,但战争结束后火葬变得流行,昭和33(1958年)最后没有使用。此外,它不仅租给了当地,而且还租给了不拥有的Owaka和Tokashiki等邻近的村庄,以及Awane和Kitabashi。 cojaror的内部仍然被保留,并且一旦它被用来恢复兔年和根年的竹子,在不再使用之后身体的损害会大大增加。虽然目前的建筑在屋顶和墙壁上进行了翻新,但它却是一座有价值的建筑,您可以在这里看到建筑时的情况,例如建筑物侧面的石头建筑。每年8月9日,农历新年8月9日在“Cornueueu(皇冠庆典)”举行祈祷活动,纪念品,奉献和舞蹈等每六年举办一次大型丰收节,它祈祷无疾病的呼吸和丰富的谷物。

保栄茂のコージャーヤー(龕屋)

 この建物は、「 」(死者を運ぶ屋形型の輿)を保管する建物で、字保栄茂では龕本体を「コージャー 」または「アカンマー 」などと呼び、龕屋 のことを「コージャーヤー 」または「コーヤー 」と呼んでいる。

 このコージャーヤーは、大正時代に集落内ウドゥンモーにあったものを現在地に移したものだという。

 伝承によれば、字保栄茂の龕は、隣接する波平 集落(糸満市 字北波平)が元々所有していたものを、保栄茂が所有していたシーサー と交換 したものであると伝えられている。かつては野辺送り の際、龕に死者を納め、担ぎ手によって墓まで運んでいたが、戦後は火葬の普及により、昭和33年(1958)を最後に使われなくなった。また地元だけでなく、龕を所有していない翁長渡嘉敷 、さらに阿波根北波平 など周辺集落にも貸し出されたという。

 コージャーヤー内部には現在も龕が納められており、かつては卯年酉年 に龕の修復をする習わしになっていたが、使われなくなって以降は龕本体の傷みはかなり進行しているという。

 現在のこの建物は、屋根や壁などに改修が施されているものの、建物側面の石組み など創建当時の状況を垣間見ることのできる市内でも貴重な建造物 である。

 毎年旧暦八月九日 の「コーヌユーエー龕のお祝い )」のときには祈願が行われているとともに、6年に一度の大豊年祭 にはコージャーヤーの前で供物や奉納舞踊 等が捧げられ、字民の無病息災五穀豊穣 が祈願されている。

Texts

2019-02-15 08:50 (3)
tokada
thimigushiku_tara
2017-04-06 11:25 (1104)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-06 11:24 (668)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara over 4 years

保栄茂のコージャーヤー(龕屋)

thimigushiku_tara thimigushiku_tara over 4 years

#<User:0x007f565dacc370> 保栄茂のコージャーヤーと文化財説明版

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/04/03)
Tags: 馬場 綱引き 琉球競馬 保栄茂 十五夜 豊年祭 龕屋 御大典記念碑 ミルク神 旗頭 マチ棒 棒演技 ハワイ移民者 auto-translate 卯年 酉年 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 姉妹都市 勝海舟 馬場 豊見城市 明治 幕末 咸臨丸 土佐藩 福沢諭吉 ジョン万次郎 綱引き 中浜万次郎 高知県土佐清水市 アメリカの捕鯨船 ホイットフィールド船長 鎖国 琉球国 摩文仁間切 小渡海岸 糸満市大度 豊見城間切 翁長村 豊見城市字翁長 ンマイー 沖縄方言 日米修好条約調印使節団 高安家 中浜家 土佐清水市 auto-translate 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 沖縄戦 組踊 青磁 琉球国由来記 日本軍 保栄茂 保栄茂グスク グスク 陶器 グスク系土器 長嶺グスク 白磁 三山時代 南山グスク 神人 カミンチュ 祭祀 柱穴跡 炉跡 鉄製品 平良グスク 琉球王府時代 冊封使歓待 陣地 監視哨 戦争遺構 auto-translate 五月ウマチー 六月ウマチー 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/03/23)
Tags: auto-translate 井戸 若水 米軍 カー 松 名嘉地 田頭 産湯 湯灌 渡橋名 二本松 風車 上田 渡嘉敷 我那覇 野菜供給地帯 SOUTHERNCROSS 風車式灌漑施設 弁務官資金 高等弁務官 豊見城歴史民俗資料展示室 ブース 沖縄県 豊見城市