Monumento

Ishihiya Bashi (Ishiba-shi) Bridge

thimigushiku_tara
Tags: 沖縄戦 首里城 尚巴志 橋 石橋 琉球石灰岩 船着場 饒波川 真玉橋 豊見城グスク 南山 三山時代 石火矢橋 5連 石造アーチ橋 女間者 木橋 重修石火矢橋碑 眞珠道 製糖工場 那覇のマチ 市場 潮切 スーチリー auto-translate 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

Ishihiya Bashi (Ishiba-shi) Bridge

 The Ishihiya Bashi Bridge is located downstream on the Noha River which flows outheast of the Tomigusuku Gusuku castle. Up until the war, it was a beautiful, arched stone bridge. It is not clear when the bridge was built, but as legend has it, the bridge was constructed as a part of plot to attack the castle of Tomigusuku Gusuku by sending in female spies into the castle.

 Initially, the bridge was constructed of wood, but after its destruction in 1694 due to a flood, it was rebuilt by stone in 1697.

 During the Ryukyu Kingdom era, it was used as a path to gather the King’s troops at the southern shore of Naha Port by way of Madanbashi Bridge from the Shurijo Castle, and hus the bridge was a strategically important route in terms of military affairs and ransportation. Further, in the area around the bridge were docks and sugar factories and was once a hub for shipping supplies.

 The footing on the bridge was unique, with sharp-angled, triangular shape, known as Shiokiri (Suchiri), which was designed with consideration to the ebb and flow at the mouth of the Noha River, and the rapid flow of the water.

 However, the Ishihiya Bashi Bridge was destroyed in the Battle of Okinawa, and only the bridge footings remained up until the 1970s, and the footings, too, were removed as the bridge was reconstructed in 1978.

auto-translate shihiya (石破茂石) 桥

Ishihiya 桥位于下游流经 Tomigusuku 琉球城堡阵雨 Noha 河上。到这场战争,这是一个美丽、 石拱的桥梁。它是阴谋的不清楚何时建成了这座桥,但正如图例所说,这座桥建成作为攻击 Tomigusuku 琉球城堡由派入城堡的女间谍的一部分。

最初,这座桥用木头建成的但在 1694 年由于洪水摧毁后, 年又重建,石头 1697 年。

琉球王国时期,它曾被用作路径来收集国王的军队在南部的那霸岸端口 Madanbashi 桥从 Shurijo 城堡和溶血尿毒综合症通过这座桥是在军事事务和交通运输方面的重要的战略途径。进一步,在这座桥附近的码头和糖厂和曾经是船舶物资中转站。

在桥上的地位是水的独一无二的尖角,三角形的形状,称为 Shiokiri (Suchiri),其目的是水的考虑到在 Noha 河口,消长快速流动。

然而,Ishihiya 桥在冲绳岛战役中被毁和直到 20 世纪 70 年代,仍然是只桥梁地基及地基,太,被拆除作为桥梁改建,于 1978 年。

石火矢橋「イシバーシ」

 石火矢橋 は、豊見城グスク の南東をながれる饒波川 下流に架かる で、戦前まで美しい曲線のアーチとそれを支える独特な形の橋脚が連なる5連石造アーチ橋 であった。橋の創建年代は定かでないが、橋には、三山時代尚巴志南山 の支配下にあった豊見城グスクを攻めようと城内に女間者 を送り、謀計によって架けさせたとの伝説が残されている。

 当初は木橋 であったが、1694年の洪水により橋が損壊したため、1697年(康熙36)に石橋 に改修された。そのときの改修工事完了を記念して建立されたのが「重修石火矢橋碑 」であり、豊見城グスク側の橋のたもとから少し上に昇った位置に碑の台座は設置されていた。

 王府時代、外敵が侵入する事態に備え、首里城 から真玉橋 を経て那覇港南岸に軍勢を集結するための王府の道路「眞珠道 」の道筋にもあたり、軍事面においても、交通の要衝としても重要な橋であった。また橋のたもと周辺にはかつて船着場製糖工場 などがあり、一帯は近隣から運び込まれた砂糖などを小舟に積み替え、那覇のマチ市場 )などへ運ぶための物資積み出しの拠点ともなっていた。

 橋脚からアーチまで琉球石灰岩 を加工して石組みにし、橋脚には饒波川河口の干満差や急激な水の流れを配慮した三角形の鋭角な「潮切 」(スーチリー )が施されるなど独特な構造が特徴的であった。

 しかし、沖縄戦 で石火矢橋は破壊され、橋脚部のみが1970年代まで残っていたが、それも1978年(昭和53)の橋の改修工事で消滅してしまった。「重修石火矢橋碑」も戦争により破壊されたが、台座部分だけが現存している。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-06 11:20 (1360)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-06 11:19 (724)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 7 months

石火矢橋「イシバーシ」

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 7 months

#<User:0x007fe0d1581e70> 石火矢橋「イシバーシ」と文化財説明版

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

gotosheng (2016/06/14)
Tags: 尚巴志 琉球石灰岩 沖縄戦 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/05/01)
Tags: auto-translate ハーリー 39 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/03/23)
Tags: auto-translate シーサー 漫湖 真玉橋 魔除け 石獅子 根差部 ガーナー森 真嘉部 嘉数 魔物 三月遊び サングヮチアシビ 旧暦3月3日 シンムイ 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/12)
Tags: 梵字 大日如来 ニービヌフニ 碑 サンスクリット語 アビラウンケン 密教 魔よけ 沖縄県 豊見城市