Monumento

The Tagami Shiisa (Stone Lion Figure)

thimigushiku_tara
Tags: 沖縄戦 シーサー 与根 田頭 石獅子 数珠森 ジジムイ 戦車 アメリカ軍 民俗文化財 auto-translate 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

The Tagami Shiisa (Stone Lion Figure)

 This Shiisa is one of the pair stone lion figures of the Tagami community. It is located at the westernmost point of the community to ward off all evils and calamities that come from the west.

 Its pair is located in a residential area approximately 200 meters northeast from here, facing the Juzumui grove of the Yone community which is said to house strong spiritual forces.

 According to legend, these lion figures were made 200 to 300 years ago. Since olden times, these Shiisa have been treasured as the community’s guardian deity.

 In fact, a tale gives an account of how the Shiisa saved the lives of people from an armored tank attack during the Battle of Okinawa.

 In mid-June of 1945, the U.S. forces advanced towards the village from Senaga Island. Many of the people of Tagami hid inside the evacuation shelters along the hillside located behind the Shiisa. One tank headed towards the shelters, but its path was impeded by the stone lion. Over and over again, the tank tried to drive over the Shiisa but without success. The tank ultimately gave up and turned back. The people were saved from attack.

 The story continues to be told as testimony to how the Shiisa guarded the people from an attacking tank.

auto-translate 他多上 Shiisa (石头狮子图)

这个 Shiisa 是多上社会对石头狮子的人物之一。它是社会的位于最西端抵御所有罪恶和来自西方国家的灾难。

它对坐落在一个住宅小区东北约 200 米处从这里,面临报社区到房子强烈的精神力量,这是 Juzumui grove。

根据传说,这些狮子数字是在 200 到 300 年前。自古以来,这些 Shiisa 有珍惜作为社区的守护神。

事实上,一个故事叙述如何 Shiisa 拯救在冲绳岛战役期间从装甲的坦克攻击人的生命。

在 6 月中旬 1945 年,美国军队从濑长岛先进往村子里。许多的人多上藏在位于 Shiisa 后面的山边避难。一辆坦克往上盖,但其道路受阻,石头狮子。在又一遍,坦克试图开车超过 Shiisa,但没有成功。坦克最终放弃了,转身回来。人民免于攻击。

这个故事继续到 Shiisa 如何从进攻的坦克守卫的人被告知作为证词。

田頭のシーサー

 このシーサー石獅子 像)は、字田頭 に設置された2体のうちの一つで、集落の西端に位置し、西の彼方からやってくるあらゆる災厄から集落を護るために置かれているのだという。

 もう1体は、ここから北東向け200mほど離れた集落内の住宅脇に置かれ、シジ(霊力)高い場所だという字与根数珠森ジジムイ )に向けられている。

 2体とも頭部のみの簡素な造りのシーサーで、伝承によれば200~300年前に造られたものと伝えられ、古くから集落の護り神として大切にされてきた。

 実際にこのシーサーには、沖縄戦戦車 に危うく攻撃されそうになった状況から人々を救ったという逸話が残されている。

1945年(昭和20)6月中旬、瀬長島方面からアメリカ軍 が集落内へ侵攻してきた。そのとき田頭の人々の多くがシーサー像の後方に連なる丘陵地の避難壕の中で息を潜め隠れていた。そこへ一両の戦車が進路を向け進んできた。しかし戦車は途中にあったこのシーサー像に車体の底を乗り上げてしまい立ち往生、何度か踏み越えようとするがその度に阻まれ、前進できなくなった戦車はやむなく向きを変え、人々は難を逃れたという。

 田頭のシーサーは、地域で大切にされてきた民俗文化財 として紹介されることはもちろん、進撃する戦車から人々を護った沖縄戦の生き証人として、現在でも広く語り継がれている。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-06 10:59 (1252)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-06 10:58 (593)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 7 months

田頭のシーサー

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 7 months

#<User:0x007fe0d7e7a0f8> 田頭のシーサーと文化財説明版

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/04/19)
Tags: 拝所 発祥の地 ニライカナイ 瀬長島 瀬長 アマミキヨ 南海大神加那志 アカサチ森 豊見城間切 龍宮 ウフシカグラ 神の島 信仰の島 土地接収 天御人 按司墓 瀬長物参 ムヌメー 子寶岩 昭和50年 平成18年 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/03)
Tags: シーサー 名嘉地 守り神 旧暦八月十五日 シーサー拝み 旧四月 アブシバレー auto-translate 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/03)
Tags: 沖縄戦 伊良波収容所 伊良波 収容所 座安 与根 田頭 日本軍 戦後復興 auto-translate 米軍 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 沖縄戦 干潟 与根 塩田 入浜式塩田 泊潟原 泡瀬 製塩地 与根マース クミ ろ過槽 約3万8千坪 マースヤー 煙突 auto-translate 沖縄県 豊見城市