Monumento

Todoruchi-ga

thimigushiku_tara
Tags: 琉球王府 宿道 せせらぎ公園 五月ウマチー 志茂田平野 平良 高嶺 上田 トゥドゥルチガー 轟泉 琉球国旧記 琉球國惣絵図 樋川 灌漑用水路 簡易水道 豊見城村役所 初拝み auto-translate 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

Todoruchi-ga

 Tuduruchi-ga spring is documented in the Ryukyu-koku Kyuki (Old Records of the Ryukyuan State) which was compiled in 1731 by the Royal Government of the Kingdom of the Ryukyus. It has been treasured as a precious water source since some 300 years ago. Located on the main thoroughfare connecting Shimajiri and Naha, the spring was commonly used by people travelling on the road.

 Since olden times, the spring water was used for washing, bathing and other household purposes. The spring never dried up even during droughts and always offered such abundant flow that people from neighboring villages came for water at times of shortage. The spring not only benefitted the neighboring communities but also provided water to rice paddies in a broader area via irrigation channels extending from Tuduruchi-ga spring to the Shimoda Plain.

 In the postwar era, Tuduruchi-ga continued to be used as a water source for local, small-scale water supply system. At one point, the spring water was fed all the way to the Ueda community. Today, the water volume of Tuduruchi-ga has decreased significantly due to development in the surrounding areas. Residents of the Taira and Takamine communities offer prayers at the spring at times of Hatsuogami (New Year’s Day prayers) and Gogatsu Umachii (May Festival).

 In 1995, Tuduruchi-ga spring and its catchment basin were improved as Seseragi Park, taking advantage of the water source. The spring continues to be treasured by the local residents as an object of worship as well as a place for relaxation and refreshment.

auto-translate odoruchi ga

Tuduruchi ga 春天记录在琉球 koku Kyuki (琉球国的旧记录) 是琉球王国,王国政府在 1731年中编译。它一直珍藏着作为珍贵的水源自大约 300 年前。位于主干道连接尻和那霸,春天常用的人在道路上行驶。

自古以来,山泉水用于洗衣服、 洗澡、 其他家庭的目的。春天永远不会干涸即使在干旱期间,总是提供如此丰富的流动,人们从邻近村庄水短缺的时候来了。春天不仅有益于邻近的社区外,还提供了水稻田里更广泛的地区,通过将从 Tuduruchi ga 春天延伸至下田平原的灌溉渠道。

在战后时期,Tuduruchi ga 继续用作本地的、 小规模的供水系统的水源。一度,山泉水喂到田社区。今天,Tuduruchi ga 水量已大大减少在周边地区的发展。泰拉和高岭社区居民在春季有时 Hatsuogami (新年元旦祷告) 和五月 Umachii (可能节) 提供祷告。

1995 年,Tuduruchi ga 春天和其流域改善作为浅滩公园,利用水源。春天继续珍惜的当地水库作为对象的崇拜,以及一个地方放松和点心的事故。

トゥドゥルチガー(轟泉)

 トゥドゥルチガー轟泉 )は、字高嶺 公民館の南東約150m、県道7号線沿いに位置し、所在は字平良 に属する。

 琉球王府 が1731年に編纂した『琉球国旧記 』の中では「平良井(平良轟)」と記録され、およそ300年前から貴重な水源として大切にされてきた。また、島尻と那覇とを結ぶかつての宿道 沿いにあって、当時から街道を往来する人々にも頻繁に利用されたという。

 18世紀末頃に作製された「琉球國惣絵図 」の中にも、平良村と高嶺村の間にある道筋に「樋川 」として描かれている。

 昔から洗い物や水浴びなど暮らしに幅広く使われ、干ばつ時にも涸れることはなく、水不足で困窮した近隣の村から汲みにくるほど水量豊かであったという。また、その水源利用は周辺集落にとどまらず、明治末期までは、轟泉の余り水を引いて志茂田平野 へ出る灌漑用水路 (“シィードーミチ”と呼ばれた)があり、そこから稲作田に水を引き、幾多の利益をもたらした。

 戦後も簡易水道 の水源として引続き使用され、一時、字上田 に所在した豊見城村役所 (当時)周辺まで、この湧き水から導水し使用した時期があったという。現在では周辺環境の開発等により、以前に比べ水量はだいぶ減っている。字平良および字高嶺が「初拝み 」、「五月ウマチー 」などに拝んでいる。

 1995年(平成7)には、トゥドゥルチガーおよびその流域は水源を活用したせせらぎ公園 として整備された。いまも地域住民の信仰の対象として、また憩いの場として大切にされている。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-06 10:53 (1566)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-06 10:52 (670)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 5 months

トゥドゥルチガー(轟泉)

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 5 months

#<User:0x007f16dd70d258> トゥドゥルチガーと文化財説明版

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/06/30)
Tags: 拝所 若水 平良 ウチヌカー ウブガー 産水 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 首里城 御嶽 組踊 ノロ 野面積み 土器 切石積み 五月ウマチー 平良 門中 グスク 南山 鉄製の矢じり 三山時代 平良グスク 琉球王府時代 初拝み 陶磁器 骨製品 釣針 炭化 使歓待 auto-translate 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 沖縄戦 組踊 青磁 琉球国由来記 日本軍 保栄茂 保栄茂グスク グスク 陶器 グスク系土器 長嶺グスク 白磁 三山時代 南山グスク 神人 カミンチュ 祭祀 柱穴跡 炉跡 鉄製品 平良グスク 琉球王府時代 冊封使歓待 陣地 監視哨 戦争遺構 auto-translate 五月ウマチー 六月ウマチー 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/03/23)
Tags: auto-translate 高安 龕屋 饒波 龕 葬儀 アカンマ 野辺送り ソーローウトゥム 平良 高嶺 金良 沖縄戦の際に失われた 南風原津嘉山 旧暦8月9日 龕の祝い コーヌユーエー 十三年マーイ 沖縄県 豊見城市