Monumento

Chiiya

thimigushiku_tara
Tags: 琉球王国 琉球石灰岩 マングローブ 漫湖 アブシバレー 豊見城グスク チーヤ 津屋 ハーリー 爬龍舟 発祥伝説 球陽 汪応祖 南山王 龍舟 ハーリーの起源 旧 那覇ハーリー 那覇 久米村 泊村 トミグスクヌブイ 豊見城上ぃ 豊見瀬御嶽 舟着場 旧暦4月 害虫駆除 豊作 渡り鳥 ヒルギ類 ナハキハギ auto-translate 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

Chiiya

 Chiiya is a small limestone island located to the north of Tomigusuku Gusuku, in the southwestern edge of Manko Lake. Situated in Manko Lake with a view of Tomigusuku Gusuku, Chiiya is known for its close ties to the origin of the haari dragon boat race.

 Kyuyo, a history book of the Kingdom of the Ryukyus compiled in 1745, tells the following story: Wan
Ouso, the Lord of Tomigusuku Gusuku castle, went to study in China and was deeply impressed by a river boat race using dragon boats. Upon his return to the Ryukyus, Wan Ouso had dragon boats built in the Chinese style and enjoyed excursions on Manko Lake, which became the origin of haari.

 In the olden days, the dragon boats of Naha, Kume and Tomari would first stop at Chiiya before the Naha Haari race, to offer prayers from a distance to the Tomise Utaki worship ground in Tomigusuku Gusuku. Still today, prayers for a safe haari race are offered at Tomise Utaki in accordance with this tradition.

 Chiiya reportedly served as an anchorage in the days when Manko flourished as the center for waterway traffic. Chiiya is also the site of Abushibare rites, an annual event of the Tomigusuku community held in April of the lunar calendar to eradicate pests and pray for rich harvest.

 The Chiiya area provides a landing zone for migrating birds and a habitat for aquatic creatures of Manko Lake. Rhizophoraceae and other mangrove species thrive on the island. Chiiya is also one of the few natural habitats in Okinawa for the Nahakihagi (Dendrolobium umbellatum), a plant of the Fabaceae family, for which Okinawa is known to be the northern limit of distribution.

auto-translate hiiya

Chiiya 是石灰岩小岛,位于北部的 Tomigusuku 琉球,在 Manko 湖的西南边缘。坐落在 Manko 湖与视图 Tomigusuku 琉球,Chiiya 而闻名的密切关系到 haari 龙舟竞渡的起源。

Kyuyo,编译在 1745 年,琉球王国历史书讲述了以下的故事︰ 湾
Ouso,Tomigusuku 琉球主城堡,去中国留学,和通过使用龙舟河划船比赛印象很深刻。他回到琉球,湾 Ouso 曾的龙船建于中国风格和享受游览在 Manko 湖,成为 haari 的起源。

古时候,那霸、 久米和泊龙舟会首先停止在 Chiiya 那霸 Haari 比赛前,从距离地面在 Tomigusuku 琉球 Tomise 宇泷祭拜祈祷。直到今天,祈求安全 haari 种族均提供 Tomise 宇泷根据这一传统。

Chiiya 据报在 Manko 时为中心,为水路交通蓬勃发展的日子里担任锚固。Chiiya 也是网站 Abushibare 仪式,一年一度的 Tomigusuku 社区举行农历四月消灭害虫,祈求丰收。

Chiiya 地区为候鸟和 Manko 湖的水生生物的栖息地提供着陆区。红树科植物和其他红树植物茁壮成长在岛上。Chiiya 也是在冲绳岛的几个自然栖息地之一Nahakihagi (Dendrolobium umbellatum),为豆科的哪个冲绳的一种植物是已知分布的北界。

チーヤ(津屋)

 チーヤ津屋 )は、豊見城グスク の北方、漫湖 南西岸に浮かぶ琉球石灰岩 でできた小島である。

 豊見城グスクを望むようにして湖面に浮かぶこのチーヤは、ハーリー爬龍舟発祥伝説 とゆかりが深いことでも知られる。

 1745年に編集された琉球王国 の歴史書『球陽 』によれば、昔、豊見城グスクの城主・汪応祖 (のちに南山王 に即位【1404年】)が中国に留学したとき、川に龍舟 を浮かべ競漕するのをみて感動し、帰国後、中国の様式に倣って龍舟を作り、漫湖に浮かべ遊覧したことがハーリーの起源 だと伝えられている。

 5月4日 に行われた那覇ハーリー もかつては競漕に先立ち、那覇久米村泊村 の爬龍舟が、「トミグスクヌブイ豊見城上ぃ )」と称してチーヤに直接漕ぎ着け、そこから豊見城グスク内にある豊見瀬御嶽 に向け遥拝したという。現在もその行事を引き継いだハーリー御願が豊見瀬御嶽において行われている。

 チーヤは、このようにハーリーゆかりの地であるとともに、漫湖が水上交通の要衝として賑わっていた時代の舟着場 でもあったともいわれている。また、毎年旧暦4月 には、字豊見城の年中行事で、害虫駆除 と作物の豊作 を祈願するアブシバレー 神事が行われるところとなっている。

 チーヤ周辺は、漫湖に生息する水性生物や渡り鳥 の飛来地であるとともに、ヒルギ類マングローブ 林がみられるほか、沖縄が分布域の北限とされる「ナハキハギ (マメ科)」を観察することができ、県内でも数少ない自生地の一つとして知られている。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-06 09:44 (1625)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-06 09:43 (697)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 5 months

チーヤ(津屋)

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/03/27)
Tags: auto-translate 饒波川 国場川 漫湖 真玉橋 鏡原 斜張橋 豊見城城跡 干潟 おもろさうし 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/13)
Tags: 人間国宝 豊見城 ハーリー 汪応祖 国指定重要無形文化財 琉球古典音楽保持者 照喜名朝一 2003年 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/05/01)
Tags: auto-translate ハーリー 39 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 沖縄戦 首里城 尚巴志 橋 石橋 琉球石灰岩 船着場 饒波川 真玉橋 豊見城グスク 南山 三山時代 石火矢橋 5連 石造アーチ橋 女間者 木橋 重修石火矢橋碑 眞珠道 製糖工場 那覇のマチ 市場 潮切 スーチリー auto-translate 沖縄県 豊見城市