Monumento

Bin Gusuku (Bin-jo Site)

thimigushiku_tara
Tags: 沖縄戦 組踊 青磁 琉球国由来記 日本軍 保栄茂 保栄茂グスク グスク 陶器 グスク系土器 長嶺グスク 白磁 三山時代 南山グスク 神人 カミンチュ 祭祀 柱穴跡 炉跡 鉄製品 平良グスク 琉球王府時代 冊封使歓待 陣地 監視哨 戦争遺構 auto-translate 五月ウマチー 六月ウマチー 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

Bin Gusuku (Bin-jo Site)

Bin Gusuku is constructed on top of a hill, 106 meters above sea level, located on the northeast side of the Bin settlement.

During the Sanzan (three kingdoms) period, it is thought that while Senaga, Tomigusuku and Nagamine Gusuku each functioned as forefront positions against Chuzan (central kingdom), Bin Gusuku played a role as a branch castle, a transit point, from Nanzan (southern kingdom) Gusuku.

In the excavation surveys conducted within the Gusuku property so far, there have been discoveries of pillar holes which supported the structure, and remains of a fire pit believed to have functioned as a cooking area where carbonized rice and wheat have been detected.

Among the unearthed artifacts were fragments of celadon which dates back to around the 13th century. With such discoveries, it is observed that the establishment and active period of this Gusuku spanned from the latter half of the 13th century up to the 15th century. As this timeframe overlaps that of Nagamine Gusuku and Taira Gusuku which are also located within the city, it is believed that during the Sanzan Period, Bin Gusuku functioned as a fortress with characteristics of a branch castle for Nanzan.

Moreover, a traditional Kumiodori play, Misho-no En, is set at Bin Gusuku, and in 2003, a commemorative monument was erected. Also within the Gusuku property are positions built by the Japanese military during the Battle of Okinawa, and even today, portions of these wartime remains can be found.

auto-translate 荣毛琉球

安重荣琉球被形成在位于东北侧的保湿荣毛琉球的海拔 106 米的山坡上。

濑长面临 Sanzan 期间,中山市,根据"tomigusuku 村庄 (1964 年出版) 的历史,"一线中心,tomigusuku,每个琉球永峰在作为中途从南山琉球出城堡的作用被认为是或不。

方形叫的琉球在北部到"屁股"列出琉球王国源于' 记录中 (1713) 每年的农历日历可能马萨诸塞和 6 月在马萨诸塞神 (cuminchyu) 主任和每个 Raimon 初中人,饰以祭和奠祭仪式举行了。

从炉炉线索似乎用柱孔马克做饭烧焦 ' 的大厦去勘探调查进行了到目前为止在琉球,水稻和小麦已检测到。 出土的文物包括陶器作为琉球和青瓷也出土的瓷器和陶器进口陶器,饼类。 从 13 世纪青瓷件出土文物琉球形成和活动之间肯定都讨论是从 13 世纪末到 15 世纪。 从永峰市与平琉球时期琉球也在 Sanzan 内估计堡城堡字符不重叠。

第一次设置的琉球国王政府当比尔首里城中国书密封你的热情款待和上演组在江西的不死身保湿荣毛琉球,纪念碑竖立在 2003 年 (0/2003)。 其他琉球地区,冲绳种族在那个时候,日本军事阵地由幸存的战争,如"监测重新检查"部分。

保栄茂グスク

 保栄茂グスク は、保栄茂 集落の北東側に位置する標高106mの丘陵上に形成されたグスク である。

 『豊見城村史(1964年刊)』によれば、三山時代 、中山に対峙する第一線の拠点である瀬長、豊見城、長嶺の各グスクに対し南山グスク からの中継地としての役割をもつ出城ではなかったかと考えられている。

 グスク内北側に所在する「殿」と呼ばれる広場は、『琉球国由来記 (1713年)』にも記載され、毎年旧暦の五月ウマチー および六月ウマチー の日には字の神人カミンチュ )、役員、各門中の人々が集まって神酒や供物が供えられ、祭祀 が執り行われている。

 これまでに実施されたグスク内の試掘調査では、建物の「柱穴跡 」と、煮炊きを行ったと思われる「炉跡 」が発掘され、その炉跡からは炭化した米や麦が検出されている。また出土遺物としてはグスク系土器 をはじめ青磁白磁陶器 類の輸入陶磁器や鉄製品 などが出土している。出土遺物の中でも13世紀頃の青磁片が確認されていることから、グスクの成立および活動時期は#13世紀後半から15世紀まで の幅が考察される。市内にある長嶺グスク平良グスク などとも時期的にも重なることから、三山時代の南山の出城的性格をもつ城砦ではなかったかと推測される。

 また、琉球王府時代 に首里城内で中国の冊封使歓待 のおり上演された組踊「未生の縁」 の舞台設定はこの保栄茂グスクとなっており、2003年(平成15)には記念碑も建立されている。このほかグスク一帯には、沖縄戦 当時、日本軍 によって陣地 が構築され、「監視哨 」など戦争遺構 の一部が現存している。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-06 09:38 (0)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-06 09:28 (1502)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-06 09:27 (727)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 8 months

保栄茂グスク

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 8 months

#<User:0x007fe0df73c9f0> 保栄茂グスクにある文化財説明版

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/04/03)
Tags: 馬場 綱引き 琉球競馬 保栄茂 十五夜 豊年祭 龕屋 御大典記念碑 ミルク神 旗頭 マチ棒 棒演技 ハワイ移民者 auto-translate 卯年 酉年 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 無病息災 建造物 龕屋 龕 野辺送り コーヌユーエー 渡嘉敷 コージャー アカンマー コージャーヤー コーヤー 波平 糸満市字北波平 シーサーと交換 翁長 阿波根 北波平 卯年と酉年 石組み 旧暦八月九日 龕のお祝い 6年に一度の大豊年祭 奉納舞踊 五穀豊穣 auto-translate 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/03/23)
Tags: auto-translate 馬場 シーサー 渡嘉敷 保栄茂グスク 西御嶽 魔除け 火返し 門中 ムートゥヤー ウマイー 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 姉妹都市 勝海舟 馬場 豊見城市 明治 幕末 咸臨丸 土佐藩 福沢諭吉 ジョン万次郎 綱引き 中浜万次郎 高知県土佐清水市 アメリカの捕鯨船 ホイットフィールド船長 鎖国 琉球国 摩文仁間切 小渡海岸 糸満市大度 豊見城間切 翁長村 豊見城市字翁長 ンマイー 沖縄方言 日米修好条約調印使節団 高安家 中浜家 土佐清水市 auto-translate 沖縄県 豊見城市