Monumento

Nagamine Gusuku (Nagamine-jo Site)

thimigushiku_tara
Tags: 青磁 琉球国由来記 真玉橋 嘉数 グスク グスク系土器 長嶺グスク 長堂 長嶺按司 南山 ウフヤックヮ 物見 デーグスク 鉄製の矢じり 白磁 滑石 仲間按司 南風原町津嘉山 アミシの御願 尚金福王 長嶺按司陵正 砂糖製造法 製糖 auto-translate 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

Nagamine Gusuku (Nagamine-jo Site)

 Nagamine Gusuku is located atop a hill 98 meters above sea level, on the boundaries of the Kakazu and Nagado hamlets.

 It is said that the Gusuku was prepared as the forefront for the Nanzan (southern kingdom) during the Sanzan (three kingdoms) period, and was the residence for Nagamine Aji. The stone walls of the Gusuku have not yet been confirmed, but according to oral tradition, it is said that the stones of the Gusuku were used for the construction of the stone bridge at Madanbashi.

 Unearthed from the Gusuku property are Gusuku-related earthenware, iron arrowheads, Chinese celadon and white porcelains. Looking at the artifacts that contain mixtures of talc which are not produced in Okinawa, it shows the possibilities of direct or indirect exchange between the Ryukyu Kingdom and the Kyushu area.

 According to legend, in the conflict with Nakama Aji, a neighboring chieftain, Nagamine Aji was defeated in the castle town of Nagamine Gusuku and as he took flight, he made it appear as though he committed suicide by throwing himself and the horse that he rode into a well located within the castle grounds, meanwhile making a successful escape.

 It is speculated that the establishment and active period of the Nagamine Gusuku was between the 14th to the 15th centuries.

auto-translate agamine 琉球 (永峰乔站点)

永峰琉球位于处于山顶 98 米海拔高度,对嘉数和长门小村庄的边界。

据说,琉球 Sanzan (三国演义) 期间,为南山 (南部王国) 准备作为最前沿,为永峰 Aji 居住。琉球的石墙尚未证实,但按照口头传统,据说是琉球的石头被用于在 Madanbashi 石桥梁建设。

出土的琉球属性是琉球相关陶器、 铁镞、 青瓷和白色的中国瓷器。看着含有滑石粉的混合物,不产生在冲绳的工件,由此可见琉球王国和九州地区之间的直接或间接交流的可能性。

根据传说,在冲突与相邻的土司,仲间由纪惠 Aji 永峰 Aji 战败永峰琉球城堡镇和当他飞行,他使它看上去好像他抛弃自己这匹马,他骑到井位于城堡,同时制作一次成功的逃脱了自杀。

它被推测的建立和永峰琉球活跃期是 14 到 15 世纪之间。

長嶺グスク

 長嶺グスク は、字嘉数 と字長堂 の境に位置し、標高98mの丘陵上に形成されたグスク である。

 『豊見城村史(1964年刊)』によれば、長嶺按司 の居城として南山 の第一線として備えたとあり、グスクの頂上部付近を「ウフヤックヮ物見 )」、その東側がデーグスク と称され、グスクの台所があったところだと伝えられている。そのほか、グスク内には『琉球国由来記 (1713年)』に記載された「長嶺之殿」や「按司墓」などがある。

 グスクの石積みはこれまで確認されてないが、伝承として真玉橋 の石橋に使用されたという話が残されている。

 グスク一帯からは、グスク系土器鉄製の矢じり 、中国製の青磁白磁 等が出土している。また、沖縄では産出されない滑石 を混入した土器が出土していることから、九州との交流が直接、間接的に存在していた可能性がうかがえる。

 仲間按司 との紛争では、長嶺グスク城下での戦いに敗れ、馬で敗走した長嶺按司がグスク内の井戸に馬もろとも身を投げ自害したように見せかけ、その後落ち延びたとの伝説が残されており、南風原町津嘉山 では長嶺按司の霊を慰めるため長嶺グスクを遥拝するアミシの御願 の由来ともなっている。

 長嶺グスクの成立および活動時期は14~15世紀に位置づけられるものと推測される。

 長嶺グスクに関連する伝承としては他にも、尚金福王 (1450~53年)の時代に長嶺按司陵正 という人が、中国に渡って砂糖製造法 を習い受け、琉球に帰国後あまねく周辺に製糖 を教え広めた、との砂糖製造の始まりに関する伝承が残されている。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-06 09:20 (1315)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-06 09:19 (700)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 9 months

長嶺グスク

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 9 months

#<User:0x007fe0d6c7d7b0> 長嶺グスクと文化財説明版

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

gotosheng (2016/05/27)
Tags: 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: auto-translate 馬場 瀬長島 ガーナー森 嘉数 豊見城グスク 豊見城三景 ヒララス森 知念森 奥武山 那覇港 長嶺小学校 豊見城御殿 別荘 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/03/23)
Tags: auto-translate シーサー 漫湖 真玉橋 魔除け 石獅子 根差部 ガーナー森 真嘉部 嘉数 魔物 三月遊び サングヮチアシビ 旧暦3月3日 シンムイ 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: シーサー 漫湖 真玉橋 守り神 魔除け 石獅子 ガーナー森 魔物 旧 イリヌシーサー アガリヌシーサー カラヤームイ 瓦屋原 那覇市国場 イリグムイ シーシウガミ 健康祈願 auto-translate 沖縄県 豊見城市