Monumento

Ganya and Gango-Sai of Takayasu

thimigushiku_tara
Tags: 沖縄戦 無病息災 高安 龕屋 旗頭 龕 旧暦 仏教的 豊見城 沢岻 龕ゴウ祭 豊年 棒術 空手 琉球舞踊 道ズネー auto-translate 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

Ganya and Gango-Sai of Takayasu

 Gan refers to the house-shaped palanquin which carries the coffin holding the deceased during a burial ceremony. The Ganya is a building which enshrines the Gan.

  The Gan which are placed in the Ganya today were restored in 1952, after being destroyed in the Battle of Okinawa, and were in actual use until 1968. The Gan itself is made using pine, Japanese cypress and cedar, and it was colored completely with vermilion lacquer. On the four sides were Buddhist pictures such as monks, lotus flowers and others.

  The Gango-sai of Takayasu is held every 12 years, in the year of the dragon, on August 9 on the lunar calendar. It is said that this local ritual has continued for more than 250 years, and during the traditional event, the people pray for the good health and prosperity of the residents of the hamlet, while the Gan are also repaired and maintained.

  During the ritual, the spirits of the deceased rested in the Gan are consoled and evil spirits are driven out of the hamlet by dedicating performances of valiant martial arts of Bojitsu and Karate, as well as lively Ryukyu Buyo dances. Upon enshrining the Gan, at the climax of the local ceremony, the Gan and Hatagashira flags are hoisted up along the road that leads from the community center to the Ganya, for the Michi-June, or the procession which is made lively by the great number of participating residents of the community.

auto-translate 安雅和 Gango-西贡的大动脉

甘指的是屋形轿运载棺材埋葬仪式期间举行死者。Ganya 是一个建筑庄严载有甘。

甘今天被安置在 Ganya 恢复了 1952 年,在冲绳岛战役中被破坏后,在实际使用中直到 1968 年。甘本身采用松、 桧木、 雪松,和它的彩色完全的朱红漆。四个边被佛教僧侣、 荷花等图片。

隆泰 Gango 西贡是举行每 12 年,在龙 8 年月 9 日农历日历上。据说,这个地方的仪式继续超过 250 年,并在传统的事件,人们祈求身体健康和繁荣的哈姆雷特,居民虽然甘也修理和维护。

在仪式,期间安慰了死者在赣江中休息的精神和奉献英勇武术的 Bojitsu 和空手道,以及活泼琉球踊舞表演,恶灵赶出哈姆雷特 》。后载入甘,在高潮的地方性的典礼,沿着道路,导致从社区中心 Ganya,米奇-今年 6 月或游行是由大量的社区居民参与活泼吊甘和 Hatagashira 的标志。

高安の龕屋と龕ゴウ祭

  とは、野辺送りの際に、死者を納めた棺をのせて運ぶ屋形型の輿のことである。この建物は龕が安置されている建物で「龕屋 」と呼ばれており、2001年(平成13)に改築された。

 字高安 の龕がいつ頃から使われ始めたのかは記録がなく定かでないが、現在の龕は沖縄戦 で破壊されたものを1952年(昭和27)に再建し、1968年(昭和43)まで実際に使用されたものである。龕本体は材料として槙、檜、杉が使われ、全体が朱色の漆塗りで彩色され、四面には僧侶や蓮の花などの仏教的 な絵が描かれている。

 毎年旧暦8月9日には龕屋の扉が開けられ、中に納められている龕の状態を確認するとともに、供物を供え字民の無病息災 が祈願されている。また、字高安の龕とゆかりの深い字豊見城 の屋号「沢岻 」家に出かけ拝みをおこなっている。

 字高安の龕ゴウ祭 は、12年に一度の辰年、旧暦8月9日 に開催されており、龕の修復等も兼ね、字民の無病息災と豊年 を祈願する地域祭祀として250年以上の伝統があると伝えられている。

 祭りでは、龕の魂を鎮め、集落内の悪霊を追い払うため、勇壮な棒術空手 、賑やかな琉球舞踊 などが奉納されるほか、集落の二つの宗家を東西に分かれて祈願奉納する「両元ウガミ」や、祭りのクライマックスでは、龕を納めるため公民館から龕屋までの道のりを龕や旗頭 をおし立て、大勢の字民が参加して気勢をあげる道ズネー が行われる。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-06 08:54 (1428)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-06 08:52 (631)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 9 months

高安の龕屋と龕ゴウ祭

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 9 months

#<User:0x007fe0cc3878e0> 高安のガンヤーと文化財説明版

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/03/23)
Tags: auto-translate 瀬長島 高安 ビジュル 泡盛 ウマンチュー アンジナムヌメー ビジュン 霊石 ニービヌフニ 細粒砂岩 伝承 高安のビジュン物語 旧暦 ビジュンヘーシ 瀬長 サンゴ石 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/03/23)
Tags: auto-translate 高安 龕屋 饒波 龕 葬儀 アカンマ 野辺送り ソーローウトゥム 平良 高嶺 金良 沖縄戦の際に失われた 南風原津嘉山 旧暦8月9日 龕の祝い コーヌユーエー 十三年マーイ 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 首里城 御嶽 組踊 ノロ 野面積み 土器 切石積み 五月ウマチー 平良 門中 グスク 南山 鉄製の矢じり 三山時代 平良グスク 琉球王府時代 初拝み 陶磁器 骨製品 釣針 炭化 使歓待 auto-translate 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/06/30)
Tags: 拝所 若水 平良 ウチヌカー ウブガー 産水 沖縄県 豊見城市