Monumento

Ishimashimo and the Sanbon-Machi Pine Trees of ...

thimigushiku_tara
Tags: 拝所 ニライカナイ 松 相撲 五月ウマチー 綱引き 綱打ち 座安 イシマシモー 三本松 遥拝 クスユックィー 腰休めの行事 六月ウマチー 志茂田平野 auto-translate 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

Ishimashimo and the Sanbon-Machi Pine Trees of Zayasu

 This is a sacred place of prayer in Zayasu, referred to as Ishimashimo or Ishimashi. It is located on the western side of the settlement, in the farming fields of Nakamebaru. At this location, there used to be three pine trees that grew on the hilly rocks of Ryukyu limestone. It is said that the Nirai Kanai god is enshrined at the sacred site of Ishimashi, and it is also used for Utushi, a ritual to offer prayers from afar. In the period before the war, it was also used to hold the Kusu-yukkui event, a ritual of rest after ending the season of sugar production in the area. It is one of the worshipping places for the pilgrimage rituals for the May Umachi and June Umachi. A tug-of-war is held for the June Umachi, and the people pulling the rope on the Iri (west) side gathered here for the rope-making.

 We can presume that the Ishimashimo was endeared by the locals not simply because it was a place of worship, but also because of the three pine trees that grew majestically at this location. The trees stood approximately ten meters tall on the Ishimashimo, which was one of the few hills in the plain farming fields of Shimota. This location in Zayasu came to be known for its scenic beauty.

 Even today, the site still holds importance to the people of Zayasu,offering a place for spiritual strength and comfort to the locals.

auto-translate shimashimo 和 Sanbon 町松树木的座安

这是祷告的一个神圣的地方中座安,简称 Ishimashimo 或 Ishimashi。它位于西部的和解协议,在农业领域的 Nakamebaru。在这个位置上,曾经有三个的琉球石灰岩丘陵的岩石生长的松树。据说我金井神供奉在圣地的 Ishimashi,它也可用于 Utushi,从远处祈祷的仪式。在之前的战争时期,它也被用于保存龟 yukkui 事件,一种仪式,休息后结束本赛季糖生产领域。它是可能的马乳和马乳 6 月朝圣仪式的崇拜场所之一。对于 6 月马乳,举行了一场拔河比赛,Iri (西) 一边用力拉绳子的人聚集在这里的制绳。

我们可以推测 Ishimashimo 被爱戴的当地人不只是因为它是一个地方的崇拜,但也因为三的松树,在此位置的庄严地成长。树站大约在十米高,Ishimashimo,这是一个平原农业领域的 Shimota 山很少。这座安中的位置来风景美丽风景出名。

即使在今天,该网站仍持有座安,向当地人提供精神力量和舒适的地方的人们所重视。

座安のイシマシモーと三本松

 豊見城市内には地域の名勝と呼ばれた風光明媚な場所がいくつもある。しかし、沖縄戦や戦後の開発という時代の流れで失われた風景も多い。その中のひとつに字座安イシマシモー三本松 が挙げられる。

 ここは、イシマシモーやイシマシと呼ばれる座安の拝所 である。集落の西、中前原の耕地の中に位置している。かつては琉球石灰岩の小高い岩場に三本の が生えていた。拝所であるイシマシにはニライカナイ の神を祀っているといわれ、遠くの拝所への遥拝(ウトゥーシ) にも使われる。戦前期は製糖期終了後のクスユックィー腰休めの行事 )が行われる場所のひとつであり、五月ウマチー六月ウマチー で巡拝する拝所となっている。また、六月ウマチーには綱引き があり、ここは、西の人々が綱打ち する場所であった。

 イシマシモーが拝所以外にも地域の人に親しまれたのには、そこに枝振りが見事な三本松があったからとも言えるであろう。座安の三本松は、平坦な志茂田平野 の畑地帯の中で、数少ない小高い場所であったイシマシモーの上に立ち、推定10mほどの高さがあり、座安の名勝として周辺に知れ渡っていた。戦前、その付近には青年団の耕作地があり、休憩場所としても使われ、休憩時間には松の下で相撲 を取るなど憩いの場でもあった。

 地域に親しまれた三本松とイシマシモーであるが、戦後の土地改良事業等、時代の流れの中で姿を変えていった。イシマシモーの岩石はほとんど取り除かれ、周りの畑と同程度の高さになり、松も1964年に2本が枯れてしまった。しかし、残された岩の傍らに小さな祠を設置したり樹木が植えられたりする等、現在でも信仰の対象・地域の憩い処として座安の人々に大切にされている場所である。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-03 09:53 (1391)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-03 09:52 (757)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 5 months

座安のイシマシモーと三本松

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 5 months

#<User:0x007f16dd5e7478> 安座安のイシマシモーと文化財説明版

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 5 months

公式ホームページ<http://www.city.tomigusuku.okinawa.jp/tourism_culture/2722/6777>

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/03/23)
Tags: auto-translate 井戸 若水 米軍 カー 松 名嘉地 田頭 産湯 湯灌 渡橋名 二本松 風車 上田 渡嘉敷 我那覇 野菜供給地帯 SOUTHERNCROSS 風車式灌漑施設 弁務官資金 高等弁務官 豊見城歴史民俗資料展示室 ブース 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/03)
Tags: 沖縄戦 伊良波収容所 伊良波 収容所 座安 与根 田頭 日本軍 戦後復興 auto-translate 米軍 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/06/05)
Tags: 沖縄戦 魚雷 日本海軍 宜保 豊見城 平成9年 海軍部隊格納壕跡地 海軍山根部隊 兵器庫 火薬 弾頭 大田実海軍少将 沖縄方面根拠部隊 司令部壕 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 姉妹都市 勝海舟 馬場 豊見城市 明治 幕末 咸臨丸 土佐藩 福沢諭吉 ジョン万次郎 綱引き 中浜万次郎 高知県土佐清水市 アメリカの捕鯨船 ホイットフィールド船長 鎖国 琉球国 摩文仁間切 小渡海岸 糸満市大度 豊見城間切 翁長村 豊見城市字翁長 ンマイー 沖縄方言 日米修好条約調印使節団 高安家 中浜家 土佐清水市 auto-translate 沖縄県 豊見城市