Monumento

Iraha Internment Camp Site

thimigushiku_tara
Tags: 沖縄戦 伊良波収容所 伊良波 収容所 座安 与根 田頭 日本軍 戦後復興 auto-translate 米軍 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

Iraha Internment Camp Site

 Many facilities to intern survivors and prisoners from the Battle of Okinawa were established across Okinawa Prefecture. Iraha Internment Camp was one of the facilities established in the initial stages at that time in Tomigusuku Village.

 It was a temporary internment camp at the northern side of the Iraha settlement, established by the US military in the final stages of the Battle of Okinawa, mainly to hold people who were sent here first after being captured in the southern regions of Okinawa Island, the site of fierce battlefields. The captives were examined, questioned, and given first-aid treatments, and after a short period of internment, from several hours to a few days, civilians were sent to camps in Nodake, Adaniya, Goeku and other camps in the central area, while military personnel were sent to Yaka Internment Camp in Kin, and other facilities.

 The Iraha Internment Camp had numerous tents and was surrounded by simple fencing, where mostly local Okinawans were sent. After inspections and questioning, the people were sorted and grouped according to injuries, sex, and whether they were civilians or related to the military forces.There are accounts that there were people outside of the fences, unable to be placed inside due to a large number of people, and it is presumed that at that time, the settlement of Iraha and its surroundings also functioned as part of the internment facility.

 The Iraha Internment Camp is mentioned in numerous accounts of the war survivors, and this site is one of the places that remain in the memory of the people from the Battle of Okinawa. It is a place of great significance, as it was here where the first steps in the post-war recovery efforts were taken, and this memory will be passed on to the future generations.

auto-translate 良波营地

拘留设施,容纳幸存者和战俘在冲绳,战斗中许多人在冲绳县。 Tomigusuku 的村庄,在那个时候,始建初期在俗称为"营伊良波"。

在临时帐篷里成立了由美国军事在冲绳战役结束,北部伊良波村,主要抓住与南方人的战役中被送到第一。 检验、 检查和援助这里接受了几个小时短露营几天后,平民和中央冲绳野竹,kanisan 和解决每个监狱,如果军事健屋嘉营地,如和再次被送到。

内衬伊良波营地与众多帐篷营地包围一个简单的"线",主要是发送许多平民。 审讯中存在与否的受伤后开始,并筛入碗中是否性,平民被容纳。 表明,说有些人很以外链环节充分伊良波周边地区被作为拘留设施,包括当时的住区。

作为一个地方发送的难民和战俘从不知道 tomigusuku 城堡在伊良波村南一边的貴原,座安,给根、 tagashira 区等,这些临时的营地,但安装在这些地点南撤出 tomigusuku 在大多数的日本军事 6/1945 以来,相对较少风险的城堡附近遇到与美国部队和战斗运输连接位置,适合从估计。 有组织的抵抗的日本军队几乎完成自 7 月在同一年,营功能逐渐消失。

"伊良波营"跟踪号码出现在中的幸存者的证词是深深地刻在记忆中的冲绳和重要地方传给后人作为战后重建的地方一步的战斗之一。

伊良波収容所跡

 沖縄戦 において生存者や捕虜等を収容する施設である収容所は、沖縄県内に数多く存在した。当時の豊見城村において、初期段階で設置されたのが通称「伊良波収容所 」である。

 沖縄戦終盤、伊良波 集落北側に米軍 によって設置され、主に本島南部の激戦地でとらえられた人々が最初に送られた一時的な収容所 であった。ここでは検査や尋問、応急手当などを受けたあと、数時間~数日という短い収容期間の後、民間人だと沖縄本島中部の野嵩・安谷屋・越来などの各収容所へ、軍人の場合は金武の屋嘉収容所などへと再び移送された。

 伊良波収容所は、簡易な「金網」で囲まれ多数のテントが立ち並ぶ収容所であり、主に民間人が数多く送り込まれた。検問で取調べを受けた後、負傷の有無を始め、性別、民間人か否かに選り分けられ収容された。一部、金網の外にも人が溢れていたという証言もあり、当時、集落部分も含め伊良波周辺一帯が収容施設として機能していたことが推測される。

 こうした一時的な収容所は、豊見城では伊良波集落南側の当貴原や近隣の座安与根田頭 地区等にもあったことが分かっているが、これらの場所に設置された理由は、1945年6月初め以降、豊見城地内のほとんどの日本軍 が南下撤退し米軍との遭遇戦の危険性が比較的少なかったことと、激戦地から難民や捕虜を送り込む場所として交通の便や立地性に適していたからと推測されている。日本軍の組織的抵抗がほぼ終了したあと、同年7月以降、収容所機能は徐々に消滅していった。

 体験者の証言に数多く登場する「伊良波収容所」跡は、沖縄戦の記憶に深く刻まれた場所のひとつであり、戦後復興 の第一歩を踏み出した場所として後世に語り継がれる重要な場所である。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-03 09:45 (2)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-03 09:45 (1806)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-03 09:43 (737)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 7 months

伊良波収容所跡

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 7 months

#<User:0x007fe0d3e8e408> 伊良波収容所跡と文化財説明版

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 7 months

#<User:0x007fe0d32d6a48> 伊良波収容所跡の周辺

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 7 months

公式ホームページ<http://www.city.tomigusuku.okinawa.jp/tourism_culture/2722/6776>

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/06/05)
Tags: 沖縄戦 魚雷 日本海軍 宜保 豊見城 平成9年 海軍部隊格納壕跡地 海軍山根部隊 兵器庫 火薬 弾頭 大田実海軍少将 沖縄方面根拠部隊 司令部壕 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/03)
Tags: 拝所 ニライカナイ 松 相撲 五月ウマチー 綱引き 綱打ち 座安 イシマシモー 三本松 遥拝 クスユックィー 腰休めの行事 六月ウマチー 志茂田平野 auto-translate 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/03)
Tags: シーサー 名嘉地 守り神 旧暦八月十五日 シーサー拝み 旧四月 アブシバレー auto-translate 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/03/23)
Tags: auto-translate 井戸 若水 米軍 カー 松 名嘉地 田頭 産湯 湯灌 渡橋名 二本松 風車 上田 渡嘉敷 我那覇 野菜供給地帯 SOUTHERNCROSS 風車式灌漑施設 弁務官資金 高等弁務官 豊見城歴史民俗資料展示室 ブース 沖縄県 豊見城市