Monumento

The Shisa (Stone Lion) of Nakachi

thimigushiku_tara
Tags: シーサー 名嘉地 守り神 旧暦八月十五日 シーサー拝み 旧四月 アブシバレー auto-translate 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

The Shisa (Stone Lion) of Nakachi

 The Shisa of Nakachi is located on the western end of the settlement, enshrined at the entrance and facing away from the neighborhood, toward Prefectural Route 231 (commonly known as the Itoman highway). It is believed to be positioned this way to prevent malicious spirits from entering the area. The Shisa has been revered by the people as a protective deity since long ago, and even today, it is cherished by the people as spiritual symbol in the local events such as the Shisa Ugami held to pray for safety of the residents on August 15 of the lunar calendar, and in Abushibare in April of the lunar calendar.

 There are detailed lores passed down in the area of a Shisa that was positioned at the square at the northern end of the settlement, referred to as Shi-shi-nu-me, at the time of the Meiji Period. It is said that the Shisa was moved to its present location in the Meiji Period upon a decision in a residential meeting, due to plans for the construction of a main road (the present Prefectural Route 231) at the western side of the settlement.

 Even today, the Shisa is contributing to the safety of the area’s traffic, as it oversees a heavily congested area. The Shisa will continue to quietly watch over the people in and around Nakachi in the future as well.

auto-translate 他仲地志 (石头狮子) 佐

仲地志佐位于西方年底结算,供奉在入口处和朝附近,向全州路线 231 (俗称糸满公路)。据说要定位这种方式来防止恶意精神进入该地区。自很久以前,一直作为守护神人尊崇的鼬,即使在今天,它人民珍视作为精神的象征,在当地的活动如鼬 Ugami 举行,8 月 15 日农历而定,并在 Abushibare 在农历四月祈求居民的安全。

有详细的说法,在该地区被放置在广场北端的沉降,明治时期的时间所述一样石-石-怒江-我,鼬传下来。它是说,鼬被转移到其目前的位置在明治时期在计划建设的一条主要道路 (目前全州路线 231) 住宅次会议上,决定在西面的解决。

即使在今天,鼬推动该地区的交通安全它监督严重拥挤的地区。斯佐将继续静静地注视着人们和各地仲地在将来也。

名嘉地シーサー

 集落に置かれるシーサーは、ムラの守り神として、外から入ってくる様々な邪気をはね返すために据えられ、その災厄をもたらすとされる対象【丘陵や森、ガマ(洞窟)など】に向け立てられていることが多い。

 名嘉地のシーサーは集落の西端に位置しており、県道231号線(通称糸満街道)から集落へ入る入口に鎮座し、集落の外側に向いている。災厄をもたらすとされる対象については明確ではないが、集落入口に位置していることから、外からやって来る様々な邪気を集落に入れないよう設置されたと推測される。古くから名嘉地の守り神 とされ、現在でも旧暦八月十五日 にムラの安全祈願をする「シーサー拝み 」や旧四月 の「アブシバレー 」で拝まれ、字名嘉地の方々に信仰の対象として大切にされている。

 このシーサーの建造年はわかっていないが、クィンジャームイ、キラギ付近、現在地と集落の場所が移り変わる中、明治期には集落北端にあるシーシヌメーと呼ばれる広場にすでにシーサーがあったと具体的な伝承が残されている。シーシヌメーは、現在の集落北端であり、クィンジャームイの南端でもある。その後にシーサーが現在地に移った経緯としては、明治期になって集落西側に幹線道路(現県道231号線)が通る事になったことに合わせて、字の常会においてシーサーの移設を決定し、現在に至ったと伝えられている。

 ここは現在も車が行き交う交通量の多い場所であり、そこにシーサーが鎮座することで交通安全にも一役買っている。これからもシーサーは字名嘉地の守り神として、地域の安全を見守っている。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-03 09:25 (1308)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-04-03 09:23 (679)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 3 months

名嘉地のシーサー

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 3 months

公式ホームページ<http://www.city.tomigusuku.okinawa.jp/tourism_culture/2722/6774>

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 3 months

#<User:0x007f5d97fdab00> 名嘉地のシーサー

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 沖縄戦 シーサー 与根 田頭 石獅子 数珠森 ジジムイ 戦車 アメリカ軍 民俗文化財 auto-translate 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/03)
Tags: 沖縄戦 伊良波収容所 伊良波 収容所 座安 与根 田頭 日本軍 戦後復興 auto-translate 米軍 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/06/05)
Tags: 沖縄戦 魚雷 日本海軍 宜保 豊見城 平成9年 海軍部隊格納壕跡地 海軍山根部隊 兵器庫 火薬 弾頭 大田実海軍少将 沖縄方面根拠部隊 司令部壕 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/19)
Tags: 拝所 発祥の地 ニライカナイ 瀬長島 瀬長 アマミキヨ 南海大神加那志 アカサチ森 豊見城間切 龍宮 ウフシカグラ 神の島 信仰の島 土地接収 天御人 按司墓 瀬長物参 ムヌメー 子寶岩 昭和50年 平成18年 沖縄県 豊見城市