Monumento

kawa_sanpo

2017/04/02

Tags: ocr-generated 山梨県 上野原市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 発掘調査された長降登跡
長峰跡は、山梨県の東端部、上野町大門地区に所在した、やや小夏様な
中世の山城跡です。この付近は戦国時代の終わり頃、平武範・相撲とが国施
を接するどころで、当時こうした国境地帯によく見られる、
「焼日の場」と呼ばれるものの一つで、周辺のいくつかの裁那と結びつきを納
らながら、国境警護の役割を担ったものと考えられてきました。
しかしそれがいつ頃、途によってつくられたのか、どのような戦いの歴史が、
あったのかなどについては不明な点が多く、また一九六〇年代後半の中央自動
東亜建設工事などによる整等のため、元の葉をよくとどめない状況になってい
きました。このような中で一九九〇年代後半になって再びこの薬部が中央自動車
道拡幅工事の計画区域に取り込まれたため、工事に先立ち平成7・9・2年度
の三年にわたって発掘調査が失施されました。
調査の結果、我国時代木の長略効に結びつくと考えられるものに、山地を熱
形して設けられた報 見張り小屋などを置く平西地」の郡、足根を切断する堀
【堀切)の、斜面を横に声る横堀の跡などがあり、とくに堀跡からは禁泡の
玉が出土したことなど、いくつもの成果が得られています。また長峰と呼ばれ
るもどになった尾根状地形のやや下がった位置に尾根筋を縫うように幅-m 余
りの道路の離が断続的に確認されました。これは江戸期の「甲州街通(正式に
は甲州道中」に相当すると見られるものでありました。
長年覧跡は、その歴史的な全体像を理解するには、すでに手掛かりの多くが
失われているものでありましたが、それでも発掘調査を通じて次のような歴史
をとらえることができるものと思われます。
この長峰の地には、縄文時代以来の人々の何ら
かの活動の嘉も断片的ながら確認され、ここが古
くからの交通の雲所であって、戦国時代にはこの
周辺で甲斐の勢力と関東の諸特たちとの勢力争い
が行われています。そこで交通を掌返し、既賠の
拠点の一つとするための山城、すなわち世峰が
築かれました。
その後、江戸隣代になっての命の傍らを通る
山亜が五街の一つの甲州連中として整構れ。
ここを行き来する旅人は恋の時代を隠びながら通
行していきました。そうてたや実は現在の中央白
動車通にひきつがれているものといえましょう。
道路中労賞」
中に山市
長峰の西暦 製とられる平坦地
た正確可のあった場
| 丸山稲荷→
道路(宇別途中)の計
コ発据調査された範囲
1 小峰籍部の推定範囲
事幅後の中央自動運道
ロ』発見された遺構(第 ・ ・評跡などの部)
幅前の
INW』
口調まま外部共員会・お酒
口調が雑運議まに財センダー
国 * 4-一九九六たん
土浦 -
無 料 ・履歴跡 ・
母出書・丸山神神社など
[平国生課 - 要博士。1-あ更親:社の層
域経県立東画質など
上野原町教育委員会

Texts

monumento
2018-03-28 10:37 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2017/04/02)
Tags: ocr-generated 山梨県 上野原市
kawa_sanpo (2017/04/02)
Tags: ocr-generated 山梨県 上野原市
kawa_sanpo (2017/04/02)
Tags: 吾妻神社の大杉 auto-translate 山梨県 上野原市
kawa_sanpo (2017/04/02)
Tags: 上野原市指定文化財 大椚の一里塚 鶴川宿 大椚集落 auto-translate 一里塚 山梨県 上野原市