Monumento

The Nesabu's Shisa and Sangwachi Ashibi

thimigushiku_tara
Tags: auto-translate シーサー 漫湖 真玉橋 魔除け 石獅子 根差部 ガーナー森 真嘉部 嘉数 魔物 三月遊び サングヮチアシビ 旧暦3月3日 シンムイ 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

The Nesabu's Shisa and Sangwachi Ashibi

 The Shisa (lion dog statute) of Nesabu is said to have been erected facing the Ganamui, a small island that was once afloat in Manko Lake. According to legend, Ganamui was a giant demon that frequently invaded the three Makabu communities (Madanbashi, Kakazu and Nesabu) to eat the residents. In salvation of the troubled villagers, three large rocks came falling from the sky and trapped the tail of the demon. Unable to move, the demon became Ganamui, a small island in the lake. The villagers were thankful for the divine protection and erected a Shisa so that the Ganamui would never attack the village again. Today, the Ganamui has become connected with land but the Shisa continues to protect the community, warding off evils from the northwest.
 The Shisa is an object of worship in the Sangwachi Ashibii prayer and celebration, a traditional annual event for females to gather in the key households, relieve themselves from their daily labor and enjoy leisurely time. An offering of Shinmui is prepared by covering a round tray with Manju sweet buns and placing a branch of Boxwood decorated with 15 tied pieces of red-dyed Konnyaku (arum root starch jelly).The ritual starts by offering the Shinmui to the Shisa, followed by prayers by all the females in attendance. The females then form a circle in front of the community center and enjoy the cheerful songs and dances of the Sangwachi Ashibii, taking turns placing the Shinmui on their heads.
 The Shisa of the Nesabu community maintains watch towards the northwest, in the direction of the Ganamui, and is revered by the people of Nesabu as the guardian deity of the community.

auto-translate 部分和三月之间区别的鼬玩 (sannguwachaa)

主题放置击退各种邪恶而来,从外面作为卫报 》 的村庄神放在村庄鼬 (石狮) 灾难 [小山和森林,香蒲 (洞)] 往往将建。 它是说,定居点内此志佐根构成向加纳伍兹曾经漂浮在湖面。

很久以前,获得树林是一个大型的恶魔和吃真正的 nakanotani (-石、 清酒和差异的根源) 人每一天晚上袭击了。 为三个大的石头,从村民那里麻烦押e付keta 恶魔怪兽的尾巴随着现实一点的天堂坠落不再在湖上岛屿和争取树林。 据说把鼬再次获得森林并不是在村里,村民们很感激神的祝福。 获得的树林是完全内陆,但斯佐捍卫作为护身符,在西北方向仍然解决。

现在有了它作为护身符争取鼬但不是在作为崇拜对象的崇拜。 它是由妇女拝mi,党事件"三月玩 (sannguwachiashibi)"是。 3 月根之间的区别内陆戏剧是等 q 用这个奈登] 大房子在一起的妇女,从日常工作和享受娱乐活动。 直到初太守时代农历 3/3 ~ 3/5 为举行了三天。 选择 3 幸运今天的一天。 这次事件了独特的产品,"chinmay"。 "Chinmay"满圆托盘包子,捻度祈求所有女孩第一次参加祭与魔芋 15 (Chigi) 的黄杨木的开始你祭祀志佐到染红。 同时,然后形成旁边社区中心在神明游行展现活泼的歌曲和舞蹈在她头上绕一圈。

而在西北森林加纳鼬区别的人根之间的个性差异的根源是价值作为守护神的乡村地区要盯着。

根差部のシーサーと三月遊び(サングヮチャー)

 集落に置かれるシーサー石獅子 )は、ムラの守り神として、外から入ってくる様々な邪気をはね返すために据えられ、その災厄をもたらすとされる対象【丘陵や森、ガマ(洞窟)など】に向け立てられていることが多い。根差部 集落内にあるこのシーサーは、かつて漫湖 に浮かんでいたガーナー森 に向けて立てられたのだという。

 昔、ガーナー森は大きな魔物で、真嘉部真玉橋嘉数 ・根差部)の人々を食べようと夜な夜な襲ってきた。村人が困っていたところ、天から3つの大きな石が降ってきて、魔物の尻尾を押え付けたため、魔物 はそのまま動けなくなり湖面に浮かぶ小島・ガーナー森になったという。村人たちは神の加護に感謝し、ふたたびガーナー森が集落に襲いかかってこないよう、シーサーを置いたと伝えられている。ガーナー森はすっかり陸地になってしまったが、シーサーは今でも北西の方角の魔除け として集落を守っている。

 現在、シーサーはガーナー森への魔除けとしてだけではなく、信仰の対象として拝まれている。それは、女性たちによる拝みと祝宴の行事「三月遊びサングヮチアシビ )」である。海に面していない根差部の三月遊びは、〈ノロ殿内〉等の大きな家々に女性達が集まり、日々の労働から離れ、余暇を楽しむ行事である。大正の初期までは旧暦3月3日 ~3月5日までの三日間盛大に行われた。現在でも3月の吉日を選んで行われている。この行事では「シンムイ 」という特徴的な供物が作られる。「シンムイ」は丸盆に饅頭を敷き詰め、その中に赤色に染めたねじりコンニャク15個を結んだツゲ(チギ)の枝をさした供物で、まず始めにシーサーにお供えし参加する女性達全員で祈願をする。その後、公民館前にて円陣を組んだ中、交代でシンムイを頭にのせて三月遊びの歌や舞いが賑やかに繰り広げられる。

 字根差部のシーサーは、ガーナー森のある北西をにらみつつ、地域を見守る集落の守り神として、字根差部の方々に大切にされている。

Texts

thimigushiku_tara
2017-04-03 10:11 (28)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-03-23 13:08 (1678)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-03-23 13:07 (836)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 7 months

根差部のシーサーと三月遊び(サングヮチャー)

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 7 months

公式ホームページ<http://www.city.tomigusuku.okinawa.jp/tourism_culture/2722/4539>

thimigushiku_tara thimigushiku_tara 7 months

#<User:0x007fe0d438d350> 根差部のシーサーと説明版

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: auto-translate 馬場 瀬長島 ガーナー森 嘉数 豊見城グスク 豊見城三景 ヒララス森 知念森 奥武山 那覇港 長嶺小学校 豊見城御殿 別荘 沖縄県 豊見城市
gotosheng (2016/06/14)
Tags: 尚巴志 琉球石灰岩 沖縄戦 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 沖縄戦 首里城 尚巴志 橋 石橋 琉球石灰岩 船着場 饒波川 真玉橋 豊見城グスク 南山 三山時代 石火矢橋 5連 石造アーチ橋 女間者 木橋 重修石火矢橋碑 眞珠道 製糖工場 那覇のマチ 市場 潮切 スーチリー auto-translate 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/05/01)
Tags: auto-translate ハーリー 39 沖縄県 豊見城市