Monumento

Former Site of the Noha Ganya

thimigushiku_tara
Tags: auto-translate 高安 龕屋 饒波 龕 葬儀 アカンマ 野辺送り ソーローウトゥム 平良 高嶺 金良 南風原津嘉山 旧暦8月9日 龕の祝い コーヌユーエー 十三年マーイ 沖縄戦 沖縄県 豊見城市

Guide plate text

Former Site of the Noha Ganya

 This is the former site of the Ganya for the Noha community. Ganya was a building for storing the gan, a palanquin used to carry the deceased for the funeral. Colored in bright vermillion, the gan was also referred to as Akanma (red horse).
In the Noha community, the deceased was placed inside the gan to be carried by the Chufu (palanquin-bearers) for the Soro Utumu, a procession from the house to the grave for burial. The gan was also leased out to the neighboring communities of Taira, Takamine and Kanera which did not have their own gan.
 Still today, the Ko-nu-yuuee celebration is held on August 9 of the lunar calendar to offer prayers to the gan. For renewing the gan, the celebration involves maintenance and repair of the gan and prayers for good health and longevity of the residents. The celebration on the Year of the Hare is called Jusannen-maai and is considered to be particularly important. People pray for the residents’ good health and safety so that the Ganya need not be opened frequently.
 Noha’s Ganya ended its long years of service and was redeveloped as a historical site in 2014. The gan was donated to the Tomigusuku City Board of Education. Before it was demolished, the Ganya had stone walls and foundation made of cut limestone and a roof made of concrete slab, which, prior to the war, consisted of red tiles.
 This site offers important information on the funeral system and community
involvement in olden day Tomigusuku.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Wa Tsuya遗址这个地方是Shimogami的“Shishu”建筑物“Shakuya”的旧址。のの屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋屋龛主体绘制有关佛教的图画,如莲花和僧侣,屋顶部分用shachihoko和鸟类装饰。由于它是作为一个整体绘制的朱红色,它被称为“akama(红马)”,它被称为癌症或co。在角色节日波浪的情况下,一旦在现场发送(Solowutumu),死者被支付到靖国神社,并由称为楚福的运营商从房子运到坟墓。此外,它不仅租给了当地,而且还租给了没有的Taira,Takamine,Kanagaru等邻近村庄。由于战争前的战争在冲绳战役中失去了,它于1952年作为Minami-Kohara Tsujoshan的木匠重建,并且重建了,但从那时起,由于火葬的蔓延,最终没有使用1967年左右。即使龛不再使用,每年农历九月九日农历新年都会有人祈祷。据说,这一天是大米更新的日子,并为居民的健康和长寿祈祷,同时恢复检查。特别是城市年度的Cornueu在说了13年之后隆重地进行了。清酒店里的15支香烛,白酒,盒装菜肴,猪肉(兔子当年只有一只鸡),红馒头,不开心不断,让靖国神社频繁开放不会造成无病的灾难性格我祈祷石树瓦神社位于村庄的西入口处,位于邻近的高野屋神社附近。只有Shuron wave和Takaya在该市的邻近村庄拥有で。由于靖国神社的祠堂已经完成了长期的作用,因此在2014年作为靖国神社的地点进行了维护,主体被捐赠给了Toshigami市教育委员会。石墙和基础由在拆除前切断琉球石灰石的石材制成,屋顶部分用平屋顶混凝土固定。在战争之前〜战争结束后的一段时间,它是一个覆盖着红色屋顶瓦片的屋顶。这个地方是了解Tomigusuku前葬礼制度和地区参与的宝贵地方。

饒波の龕屋跡地

 この場所は、字饒波 の「 」を保管する建物「龕屋 」の跡地である。龕とはかつて葬儀 の際に死者を運ぶために使われた屋形型の輿のことで、現在でいう霊柩車のようなものである。龕本体には、蓮の花やお坊さん等、仏教に関する絵が描かれ、屋根部分にはシャチホコや鳥などの装飾が施されている。全体が朱色で彩色されていることから「アカンマ(赤い馬) 」と呼ばれたり、ガンやコーと呼称されたりしている。

 字饒波では、かつては野辺送りソーローウトゥム )の際、龕に死者を納め、チューフーと呼ばれる担ぎ手達によって家から墓まで運ばれていた。また地元だけでなく、龕を保有していない平良高嶺金良 など周辺集落にも貸し出された。戦前の龕は沖縄戦 の際に失われたため、1952年に南風原津嘉山 の大工に作成依頼し再建されたが、その後は火葬の普及により、1967年ごろを最後に使われなくなった。

 龕が使われなくなっても、毎年旧暦8月9日 には「龕の祝いコーヌユーエー ) 」と称して祈願が行われている。この日は龕を新調した日とされ、龕の修復点検とともに住民の健康や長寿を祈る。特に卯年のコーヌユーエーは、十三年マーイ といって盛大に行われる。龕屋に線香15本、酒、重箱料理、豚肉(卯年には鶏一羽が加わる)、赤饅頭を供え、不幸が続き頻繁に龕屋を開ける事のないように字民の無病息災を祈願する。

 字饒波の龕屋は集落の西端入口に位置しており、隣字高安の龕屋と近接した場所にある。市内において隣同士の集落で龕を保有しているのは、饒波と高安 のみである。饒波の龕屋は、長年の役目を終えたため、2014年に龕屋跡地として整備が行われたことに伴い、龕本体は豊見城市教育委員会に寄贈された。解体前の龕屋は、琉球石灰岩を切り出した石材で石垣や土台が造られ、屋根部分はコンクリートの平屋根が付けられていた。戦前~戦後しばらくまでは赤瓦で葺いた屋根であった。

 この場所は豊見城のかつての葬制と地域の関わりを知る上で貴重な場所である。

Texts

2019-02-15 08:48 (0)
tokada
thimigushiku_tara
2017-04-03 10:05 (44)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-03-23 11:58 (29)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-03-23 11:49 (1454)
thimigushiku_tara
thimigushiku_tara
2017-03-23 11:48 (828)
thimigushiku_tara

Comments/Photos

thimigushiku_tara thimigushiku_tara about 2 years

饒波の龕屋(ガンヤー)跡地

thimigushiku_tara thimigushiku_tara about 2 years

#<User:0x007ff72815d520> 饒波の龕屋跡地。拝所として整備されている。

thimigushiku_tara thimigushiku_tara about 2 years

#<User:0x007ff72820b058> 2014年 饒波の龕屋

thimigushiku_tara thimigushiku_tara about 2 years

公式ホームページ<http://www.city.tomigusuku.okinawa.jp/tourism_culture/2722/4537>

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 沖縄戦 無病息災 高安 龕屋 旗頭 龕 旧暦 仏教的 豊見城 沢岻 龕ゴウ祭 豊年 棒術 空手 琉球舞踊 道ズネー auto-translate 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/03/23)
Tags: auto-translate 瀬長島 高安 ビジュル 泡盛 ウマンチュー アンジナムヌメー ビジュン 霊石 ニービヌフニ 細粒砂岩 伝承 高安のビジュン物語 旧暦 ビジュンヘーシ 瀬長 サンゴ石 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/04/06)
Tags: 首里城 御嶽 組踊 ノロ 野面積み 土器 切石積み 五月ウマチー 平良 門中 グスク 南山 鉄製の矢じり 三山時代 平良グスク 琉球王府時代 初拝み 陶磁器 骨製品 釣針 炭化 使歓待 auto-translate 沖縄県 豊見城市
thimigushiku_tara (2017/06/30)
Tags: 拝所 若水 平良 ウチヌカー ウブガー 産水 沖縄県 豊見城市