Monumento

kawa_sanpo

2017/02/11

Tags: ocr-generated 東京都 国立市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 元上谷保村の常夜燈
じょう やど
どう
常夜燈は「秋葉燈」とも呼ばれ、
に村を火の事故から守るために、油屋
建てられたものです。火伏せの神を祀
神社(浜松市)への信仰です。
この常夜燈は市内に残る三つの常夜燈のう
ちの一つで、竿(塔身)には、「秋葉大権現」
「寬政六甲寅年四月 上谷保村」「天滿宮」「棒
名大権現」と彫られ、寛政六(一七九四)年
に建てられたことがわかります。
元々は上谷保村の油屋(屋号・現在の甲州
かんは、
きのえとら
街道北側の原田家)の東隣に建てられたもの
で、昭和六(一九二)年から行われた道路
改修時に現在地に移されました。
大正時代までは、村人が順番に毎日夕方、
灯りを灯していたと伝えられています。
平成二十三年一月
国立市教育委員会

Texts

monumento
2018-03-28 10:52 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2017/02/11)
Tags: ocr-generated 東京都 国立市
kawa_sanpo (2017/02/11)
Tags: ocr-generated 東京都 国立市
wawa (2017/05/21)
Tags: ocr-generated 東京都 国立市
kawa_sanpo (2017/02/11)
Tags: ocr-generated 東京都 国立市