Monumento

kawa_sanpo

2016/12/31

Tags: ocr-generated 茨城県 龍ケ崎市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 龍崎市指定文化財 雕刻
+一面観世音
昭和五十四年三月三十一日指定
寺伝によると、天慶年間(九三八~九四七)に平貞盛が父国香の菩提
を弔い、自領の民心を安定させるために、川原代に安楽寺を、小通の
川岸に観音堂を建立したのが小通幸谷の十一面観世音の始まりとされ
ている。
「天正の初め(「七五三~)、若柴の金龍寺の開祖である由良国察は、
岡見一族の供養のために七観音八薬師を建立した。小通幸谷の十面
観世音は七観音の一つで、由良の家老和田民部が奉行となり、観音堂
は清水山慈眼院観音寺と改められた。当地の十一面観世音が眼病に霊
験があると信じられ、当時は境内も広く寺領も一町歩あり、遠近の分
詣者や参観者が多かったと伝えられている。
江戸時代は真言宗で、土浦市大岩田の法泉寺の末寺であり、享保二
年(一七七)俊栄の代に観音堂が再興されている。
明治初年の神仏分離令に際し無壇無禄寺院として廃寺となったが、
同八年(一八七五)村中の総意により、七観音八薬師の由緒をもって、
若柴の金龍寺の末寺として再興され、曹洞宗に改められ現在にいたっ
ている。
本尊十一面観世音は、恵2阿闍梨の作とされているが、詳細は不明
である。
えしたり
平成六年三月
龍ケ崎市教育委員会
文化財をたいせつにしよう

Texts

monumento
2018-03-28 10:57 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/12/30)
Tags: ocr-generated 茨城県 取手市
kawa_sanpo (2016/12/30)
Tags: ocr-generated 茨城県 取手市
kawa_sanpo (2017/01/01)
Tags: ocr-generated 茨城県 龍ケ崎市
kawa_sanpo (2016/12/30)
Tags: ocr-generated 茨城県 取手市