Monumento

kawa_sanpo

2016/12/29

Tags: ocr-generated 静岡県 浜松市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated あきはじょうよとうろう
秋葉常夜燈籠
てんしょう」
のる 設 道 高
しょうれい
天正三年(一五四)、家康公は「火の神」秋葉神社を浜松高
町に建てた。一方、春野の深山に通ずる諸街道を秋葉街道
と名付け、旅人の安全を祈願し、街道の要所に常夜燈の設
置を奨励した。このとき、建てられた常夜燈が現在に残る
秋葉燈籠の始まりである。はじめのころの灯籠は、旅人の
脚下を照らすための素朴なものだったが、火を尊ぶ心から
木燈籠、そして石燈籠と造り替えられ、現在のようなりっ
ぱな燈籠になった。
現在、増楽町に残る常夜灯籠だけが、可美地区に残る
唯一の秋葉灯籠である。
平成二十六年九月可美地区自治会連合会

Texts

monumento
2018-03-28 10:59 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/12/29)
Tags: ocr-generated 静岡県 浜松市
kawa_sanpo (2016/12/29)
Tags: ocr-generated 静岡県 浜松市
kawa_sanpo (2016/12/29)
Tags: ocr-generated 静岡県 浜松市
kawa_sanpo (2016/12/29)
Tags: ocr-generated 静岡県 浜松市