Monumento

kawa_sanpo

2016/12/25

Tags: ocr-generated 滋賀県 甲賀市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated

猪鼻村
たてば
猪鼻村は、鈴鹿山脈の西方に位置し、中世は鈴鹿山
敵固役であった山中氏の支配を受け、近世は幕府領や
諸藩領となり幕末にいたる。
村中を東海道が東西に五町三十六間余(約六-0
メートル)、商いを営む者も多く、往時五十戸を超え街
道を賑わしていた。
「土山宿から 坂下宿間の立場(休憩所)があり、毎
や強飯が名物であった。村高は、五十三石余「天正十九
年(一五九一年)徳川家康知行目録写」、おもな産業は農
業で、製茶や林業も行われた。
赤穂浪士の一人で俳人の大高源吾(俳号は子葉)が
旅の途中に詠んだ「いの花や早稲のもまる山扱ろし」
の句碑がある。井上士朗の『幣猿』に安永三年(一七七
四年)鈴鹿峠に向う途中で「猪鼻峠といふ名のをかしけ
れば、あのししの鼻吹き返せ青あらし・・・」とある。
|寺院は、臨済宗東福寺派の浄福寺、集落の東端に
は大頭神社があり、本殿は十七世紀後半の造営と
され、国登録有形文化財となっている。
明治二十二年緒界村は町村制により甲賀郡山内
村大字猪鼻、昭和三十年合併により甲賀郡土山町
大字猪鼻、平成十六年十月一日合併により平賀市
土山町猪鼻となる。
平成二十年十二月
土山町猪鼻区

Texts

monumento
2018-03-28 11:42 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/12/25)
Tags: ocr-generated 滋賀県 甲賀市
kawa_sanpo (2016/12/25)
Tags: ocr-generated 滋賀県 甲賀市
kawa_sanpo (2016/12/25)
Tags: ocr-generated 滋賀県 甲賀市
kawa_sanpo (2016/12/25)
Tags: ocr-generated 滋賀県 甲賀市