Monumento

kawa_sanpo

2016/12/17

Tags: ocr-generated 埼玉県 上里町

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 陽雲寺
所在地 児玉郡上里町金久保七O-
陽雲寺は曹洞宗の寺で、鎌倉時代初期の元久二年(一二〇五)の
創建と伝えられ、初め唄樹山満願寺と称したという。元弘三年(一
三三三)新田義貞が鎌倉幕府打倒を祈願して不動堂を造立したこ
とが寺伝にみられ、以来、「新田勝軍不動堂」などと称され、室町
時代には金窪城主斎藤氏の帰依が厚かった。天文九年(一五四O)
斎藤定盛が諸堂を修復し、寺名を崇栄寺と改めたが、天正十年
(一五八二)の神流川合戦の兵火で焼失した。
天正十九年、金窪の領主となった川窪信優は養母である武田信
玄夫人を伴って入封し、信玄夫人は当寺の境内に居住したが、元
和四年(一六一八)に没した。信後は、夫人の菩提を弔うため、そ
の法号である陽雲院をとって寺号を崇栄山陽雲寺と改称した。元
和五年には徳川幕府から御朱印五石が寄せられている。
なお、境内には県指定文化財となっている元禄銘のある銅鐘や、
県指定旧跡となっている新田義貞の家臣であった畑時能の供養塔
などがある。
昭和六十年三月
埼玉県
上里町

Texts

monumento
2018-03-28 11:44 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/12/17)
Tags: ocr-generated 埼玉県 上里町
kawa_sanpo (2016/12/17)
Tags: ocr-generated 埼玉県 上里町
kawa_sanpo (2016/12/17)
Tags: ocr-generated 埼玉県 上里町
kawa_sanpo (2016/12/17)
Tags: ocr-generated 埼玉県 上里町