Monumento

kawa_sanpo

2016/11/23

Tags: ocr-generated 埼玉県 鴻巣市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated ひかわ はちまんしゃみだげんじ
氷川八幡社と箕田源氏
氷川八幡社は、明治六年に箕田の鎮守であった八幡社と同じ村内の氷川社を合祀して現在の社名
となった。
AAAの「あっ
ろんそんのうかもとのこると」
八幡社は、藤原純友の乱を鎮めた源仕が京都の石清水八幡宮から分霊を勧請(神社の祭り神を分
けて別の場所に祭ること)し、氷川社は、六孫王源経基(または源仕とも)が承平元年(九ミー)に
勧請したとそれぞれ伝えられている。
また、八幡田の地名の由来は、源仕の孫である渡辺綱が神田を八幡社の為に奉納したことによる。
箕田地域は、嵯峨源氏の流れを汲む箕田源氏発祥の地で、源仕、源宛、渡辺綱の三代はこの地を拠点と
して歴史に名を残す活躍をしたのである。
でも
嵯峨源氏の系図
武守
源 信
ETE
嵯峨天皇
1源|保」
「源融鼻工仕工宛H編」
兩次司当
相模守
源 職
箕田源次
宛」

武蔵守

o源 仕… 源仕は、嵯峨天皇の第八皇子河原左大臣源融(嵯峨源氏の祖)の孫で、平三年(八九)
に生まれた。長じて武蔵国無田郷と呼ばれたこの地に居を構えた。
周辺の土地を開墾し、家の子・郎党を養い、次第に力を蓄えていった。智勇兼備の武将と
して武蔵介源経基に仕え、承平・天慶の乱に功を立てて従五位上武蔵守となった。
天魔五年(九四二)没。享年五二歳。
o 源
: 源宛は、仕の子で弓馬の道にすぐれ、天慶の乱では仕に従って西国に赴き武功を立てたが、
天暦七年(九五三)に二一歳の若さで没した。発の武勇は広く知られており、その様子は
『今昔物図集」に平良文との一騎打ちが説話として残されている。
o 選辺編 : 渡辺綱は、源宛の長子として天暦七年(九五三)に角田に生まれた。幼くして両親を失っ
たため、従母である多田満仲の娘に引き取られた。摂津国渡辺庄で育ったことから渡辺姓
を名乗った。幼少より勇名を馳せ、長じては源頼光に仕え、世に頼光四天王の第一と称され
刷調で知られた。
後に丹後守に任ぜられた。万寿二年(10二五)二月十五日没。享年七三郎。八幡社右手奥
にある宝持寺には綱の位碑が残されている。法名を「美源院殿大総英編大禅定門」という。
また、次のような辞世の句が伝えられている。
世を経ても わけこし草のゆかりあらば
あとをたつねよ むさしののはら
【真田龍一源仕を始めとする家三代のは氷川八幡社の北側にあったと伝えられ、現在でも周辺は
殿山と呼ばれている。しかし、かつてここに館があったことを偲ばせるものは見当たらない。
平成二十四年二月
鴻巣市教育委員会
形文化財を大切にしましょう

Texts

monumento
2018-03-28 11:47 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/11/23)
Tags: ocr-generated 埼玉県 鴻巣市
kawa_sanpo (2016/11/23)
Tags: ocr-generated 埼玉県 鴻巣市
kawa_sanpo (2016/11/23)
Tags: ocr-generated 埼玉県 鴻巣市
kawa_sanpo (2016/11/23)
Tags: ocr-generated 埼玉県 鴻巣市