Monumento

kawa_sanpo

2016/11/20

Tags: ocr-generated 埼玉県 桶川市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated いなりじん じゃ
ぶんかざい
稲荷神社と文
「稲荷神社
稲荷神社は、近郷の氏子や原敬者により、鎮守として祀られています。かつて、この地は避川の水源地帯で、高崎線の線路近くにあった湧水が中山道を
横切ってこの付近を流れ、一帯は豊かな社が広がっていました。新筆は基承3年(1134)とも諸線栄備(125 ~ 122)ともいわれます。完様6年(1693)に
桶川宿の鎮守となり、明治6年(1873) に桶川町の村社となりました。約1,200坪の境内地には本殿、幣殿、拝殿、手水舎、神楽殿、社務所のほか、八雲社、
電竜社、学社、阿夫利社、が祀られています。また、かつての植菌の繁栄を偲ばせる文化財なども大切に守られています。
【稲荷神社の例祭 ・元旦察(
1月1日) ・春の例大祭(4月の第一土曜日) ・秋の例大祭(10月の第一土曜日)】
Inari-Jinja Shrine
Inari-Jinja Shrine has been believed as the god informer Okegawa-cho,
Some say this shrine Wbut in year 1134 or in 1225 - 27, The handen,
heden and haiden are some of the buildings that are built inside the 40X0
ground. The cultural properties in this shrine recall the prosperity of the
Okegawa-juku in the Edo period.
ちがいいし」
NEW うん。 | もう。
桶川市指定文化財【紅花商人寄進の石燈籠】
員数:2 基 種別:有形文化財(歴史資料) 昭和49年3月5日指定
桶川市指定文化財【稲荷神社の力石】
種別:民俗文化財(有形民俗) 昭和50年 12月13日指定
力石は、神社などの境内に置かれ、若者などがこれを持ち上げて力比べなどをしました。稲荷神社の力石は、
長さ125m、幅067m、厚さ0.4m、重さ 610kg の壁のような形の楕円形で、力比べに使った力石としては日本
一重いと言われています。表面には「大石」の文字と、真永5年(1852)2月、若縄の三ノ宮卯之助がこれを持ち
上げたこと、続いて、ともに当時の種川圏の有力商人であった1名と世話人 12名の名が刻まれています。
三ノ宮卯之助(1807 ~ 1854)は、旧岩槻藩三野宮村(現越谷市)出身で、江戸へ出て動進相環をつとめ、
戸一番の力持ちと評判の力士でした。三ノ宮卯之助の名が残る力石は、埼玉県内の他、千葉や神奈川、遠くは
長野や兵庫でも確認されています。 三ノ宮卯之助がこの力石を持ち上げた嘉永5年2月は、稲荷神社の大
察と考えられます。卯之助の怪力ぶりに、集まった観衆はさぞかし驚き、拍手現来を送ったことでしょう。
稲荷神社拝殿の正面にある一対の大きな石燈籠です。かつて中山道の宿
場町だった桶川宿は、染物や紅の原料となる紅花の生産地としても栄えま
した。この石燈籠は、桶川宿とその周辺の紅花商人たちが、桶川宿浜井場に
あった不動堂へ安政4年(1857)に寄進したものでした。明治時代となり、
神仏分離施策などの動きの中で、やがてこの稲荷神社へ移されました。
日うねん。 いやい出し
また、不動堂は現在浄念寺境内へ移築されています。
燈籠には計24人の紅花商人の名が刻まれており、幅川のほか、上尾や
真輔の商人の名前もあります。かつての紅花商人たちの繁栄を伝える貴重
な文化財です。
#。
Stone Lanterns Donated by The Merchants Who Had Sold Safflowers
Designated March 5, 1974
There is the pair of the big stone lanterns in front of the haiden. Okegawa-juku
was once the post station of the Nakasen-do Road. The town prospered as the
place of the production of Safflowers. In 1857, the merchants who had sold
Safflowers built these stone lanterns to express their gratitude for their
prosperous business. At first, these stone lanterns had been in a different place
tbtit were transfered here lin year 1869
The names of 24 merchants are inscribed on these stone lanterns. These stone
lanterns are valuable cultural properties, which show the prosperity of those
michanち。
Chikara-ishi of Inari-jinja Shrine
Designated December 13, 1975
Chikara-ishi (Power Stone) was used for measuring one's
strength with other's among young people. Chikara-ishi was a
popular attraction of the shrine's festival.
Chikaranths a big stone, whichs about 1.25m In length,
067m in width and 0.4m thick. Its weight is about 610kg. The
letter 'Daibanjaku' and the message that sumo wrestler
Unosuke Sannomiya lined up this stone in 1852 are inscribed
on the surface of Chikara ishi.
Unosuke Sannomiya is from Sannomiya Village (present
Koshigaya City). He was known as the strongest Sumo wrestler
in Edo period. He lifted up Chikara-shi on the day of the
Inari-jinja Shrine festival. The audiences were amazed and
applauded ham for his performante.
平成27年3月
桶川市教育委員会
Chagua dty Hard of Education

Texts

monumento
2018-03-28 11:47 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 桶川市
kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 桶川市
kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 桶川市
kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 桶川市