Monumento

kawa_sanpo

2016/11/20

Tags: ocr-generated 埼玉県 桶川市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 石をかたどった左の絵図に描かれた文字はこの大盤石の
表に刻まれた文字の模写です。
「これが嘉永五年二月、岩槻の三ノ宮卯之助かこの石を
持ち上げた所以です。
「大盤石」とは力石の中でも特別に大きい石を指します。
大盤石は全国でも四ヶ所にしかないといわれています。
この石の重量は六I0キログラムあり、重量は日本一と
評されています。越谷市の高崎力先生及び四日市大学の
高島慎助先生の長年にわたる調査により判明したのです。
三ノ宮卯之助は文化四年(一八〇七年)武州岩槻領三
野宮村に生まれました。その頃江戸では祭りや見せ物に
おいて力自慢の人が大いにその特技をもって大衆にもて
はやされ、「力石」を持ち上げることが興行とされるよう
な時代でした。
卯之助は成長して江戸一番の力持ちと評判になり、
地元岩槻、越谷をはじめ各地のイベントに招かれたもの
と思われます。現在卯之助の名を刻んだ「力石」は全国で
二個確認されています。天保四年(一八三三年)には
深川八幡宮にて、当時の将軍家ご上覧の「大興行が催さ
れたといわれています。
卯之助は四五歳の時にこの力石を、この桶川にて持ち
上げたといわれています。当時は各大名が競って藩の
威信をかけて行ったといわれています。しかし卯之助は
四八歳にて不慮の死をとげ、惜しまれつつこの世を去り
ました。
当時の興行に使われた、チラシ、ポスターの類には
人物が仰向けに寝て、両足で小船を持ち上げ、その船に
米俵を背負った馬とその馬を引く人物の図柄がしるされ
ています。(左図参照)
ちなみにこの「力石」もこの【足指し)という方法で
持ち上げたものと推定されています。
日本一のカる
みん豪徒月
ら税金卯之助持え
大西尾詩や衛門
人気文化人た 東福生門
エト連立式系 青木星へ
おず、足る系な条門杯争定手大街
こ&藤本左内 木更憲や事内
を更、左衛門 林正動と
を更さま 新庄左衛門
市指定文化財
稲荷神社のカム
重量 670 kg

Texts

monumento
2018-03-28 11:47 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 桶川市
kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 桶川市
kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 桶川市
kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 桶川市