Monumento

kawa_sanpo

2016/11/20

Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 南方神社 由緒
当社は往古、信濃国一之宮諏訪大社の大神を吉野原の村人が村の鎮守として
勧請したものであると伝える。鎮座地の地名「鈴木」は中山道の側にありが鬱蒼と
かんじょう
うつそう
なかたのみと
うずばち
生い茂ることから、夏も奥やかな風の通る涼木に由来する。主祭神は「明細帳」に「建御
名方命」と載る。社名「南方」は主祭神 建御名方命にちなむものであるとともに
諏訪湖を表わす「水潟」にゆかりがある。
境内にある手水鉢の銘文には「武州足立郡吉野原村字鈴木惣氏子中文政十三
年(ヘミO) 七月吉日」とある。これは寅と申の年、すなわち七年目ごとの寅と申の
年に行われる諏訪大社式年造営の に合わせて造ったものである。
別当は「風土記稿』に「不動院持ち」とある。不動院は、村内の真言宗清浄院門徒
で、同寺住職の隠居すであった。
混ん
ばしと
造営は、文久年間(一八六二~一八六四)に社殿の改修が行われた。このとき本殿
・拝殿の形式を整えるために、覆屋を拝殿とし、更に、参拝者の便に供するために
屋根を付けた。
明治四十年五月二十二日、『明細帳』によると、大字吉野原神山無格社の愛宕雷電稲
荷合社と境内社八雲社・明神社女神社、大字大谷別所字山王前の無格社入審社学
神明無格社の神明社、字稲荷村社の稲荷社と境内社等電金山・竜神会社・浅間社を当
社に合祀し南方神社とした。平成三年三月には、御大典を記念し、氏子の浄財をもって
当時の拝殿を残し、新たに幣殿と本殿、平成二十一年伊勢式遷宮に合わせ・
境内整備の造営を加える。

Texts

monumento
2018-03-28 11:48 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 上尾市