Monumento

kawa_sanpo

2016/11/20

Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated いがのみたまのこと。
いざなぎのみこ
いなみのみと
銀 * 加茂神社
銀座地 大宮市宮原町四丁目、番地の1
御祭神
命令 令、伊味説命
伊弗用命营原道真公
境内に別に伊基諾命伊丹命を祀る三峯神社があり素
を祀る神輿殿かあり御神輿が納められてみます
(例: くま
祭典日 元旦祭
( 月- g
春祭祈年祭初キ祭 三月初4日
夏祭(秋園祭、天王様)
七月十五日
例大祭
+ 月
秋祭(新司祭、感謝祭) 十月二十八日
御由緒 当神社の御創立は文化七年徳川幕府によって作れた
新高武蔵風土記稿にも「加茂社、 宮村の鎮守にして
社辺にも杉教があり土地のさま旧社と見ゆれど勧請の年代詳
かならず」と記されてみるが社前に質層年4月、弘化二年
+4月と刻まれたもの文文政十年八月 御迷宮と刻まれた石灯篭も
あるので相当古、御鎮座であることがわかります。その京都の
上賀茂神社を勧請したものと体えますから別の神を祀って
A穀の豊穣と黄物を生みなし育てる神と称宗められて
来ました幕府の参勤交代の時代、加賀の堀丹波の子が仲
道を往来のりその妻女が遠かに産気を催したので当社に立寄り
御加護を祈願したところ、産気まり無事国許に帰着の
後のやき男子の出生を見たとおう。安産御礼奉納した
という幣命は現存しています。昔から生産、安産の
神として信仰が厚く上加茂宮村 加茂宮村銀村を始め西郷
からの参詣も多い。明治四十(年神流救社を合祀して翌十ニ年
神価格や供進神社として改めて村社に指定されました、
祭神:皇紀により水食住の神、武命長寿の神、学問の神、災難
守護の神等が加え紀うに御利益も増えました。大正八年不幸
拝殿を焼失しましたが本戦は御神威により御安験であったので
当時の女子学は力を協を直ちに拝殿を再共同時に社務所をも
新築しました。以来六十年、神傘設も古びて危険となり、そのうえ私務
時代の進展につれ手狭で不便となったため此の度氏子総代人等相群!
氏子(河の賛意を得てこに昭和の大造営が遂行された次第であります。
昭和五十五年四月

Texts

monumento
2018-03-28 11:48 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/11/20)
Tags: 庚申塔 さいたま市教育委員会 埼玉県 さいたま市