Monumento

auto-translate 6 heaven's Dairoku Tensha

hanacoco

2016-11-03

Tags: 目黒区教育委員会 東京都 目黒区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 6 heaven's Dairoku Tensha
This shrines are called no. 6 heaven, the first was in the vicinity of the Ishikawa bridge (now Kami Black 2-side) was promoted from the late Meiji and Taisho early shrine merger policy was enshrined Kami black hikawa shrine (the current bridge 2 16 21-chome).
No. 6 Heaven Inc. was first due to road construction (current Yamate Street), then land paid pupil, so getting the cooperation of landowners Asakura, 11/1935, and reconstructed shrines upturned Black 2-Chome 1-6, by the founders of the local volunteers.
Also, was moved to this place due to redevelopment in Meguro station, 3/1999, in nakameguro Hachiman shrine temporary enshrined was facing 3/2002, Meguro Ginza-Dori. Matsri is surface feet tout Tenjin 六代 God, respect the 惶 roots.
Was enshrined as the God of good-luck charm, guardian spirits of rural Ishikawa rice (former upper black 3-Chome area) was close to the old, and rice Creek (formerly upper Black 6-Chome area) to protect from flood and drought.
Now as the God of health, longevity, prosperity, safety and Ieyasu to local people each year in the 1, 5 and 9 may celebration in nakameguro Hachiman Shinto festivals are conducted by the
3/2002 Meguro City Board of education

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 6 天堂 Daioku Tensha

这个神殿被称为第 6 天,第一是附近石川桥 (现在 Kami 黑色 2-侧) 促进从晚明治和大正初神社并购政策是庄严 Kami 黑冰川神社 (当前桥梁 2 16 21 丁目)。
第 6 天公司是第一由于道路施工 (当前山手街),然后土地支付学生,所以得到的地主朝仓,11/1935 年,合作和重建的圣地仰着黑色 2 丁目 1-6,由创始人的当地的志愿者。
而且,搬到这个地方由于重建中目黑站,3/1999年,在庄严的中目黑八幡神社临时面临 3/2002,目黑银座大街。
Matsri 被表面的脚吹捧天神六代神,尊重惶根。 载的好运气的魅力,农村石川水稻 (前上部黑 3 丁目地区) 守护精灵神正接近旧的和大米溪 (原上部黑 6 丁目地区) 保护免受洪水和干旱。
现在作为上帝的健康、 长寿、 繁荣、 安全和德川家康给当地人民每年的 1,5 和 9 可能中目黑八幡宫神道节日进行庆祝
3/2002
目黑市教委

第六天社 Dairoku Tensha

 この社祠は第六天社と呼ばれ、最初は石川橋の付近(現在の上目黒2丁目側)にありましたが、明治末期から大正初期にかけて推進された神社合併政策により、上目黒氷川神社(現在の大橋二丁目16番21号)に合祀されました。
 その後、道路建設(現在の山手通り)により、最初にありました第六天社の土地もとり払われましたので、昭和10年11月、地主朝倉氏の協力を得て、地元有志の発起により上目黒二丁目1番6号に社祠が再建されました。
 また、中目黒駅前再開発に伴い、平成11年3月、中目黒八幡神社仮安置されましたが、平成14年3月、目黒銀座通りに面するこの場所に移されました。
 祭神は、天神六代の神である面足尊、惶根尊です。昔、近くにあった石川田圃(旧上目黒3丁目地域)や小川田圃(旧上目黒6丁目地域)を水害や旱魃などから守る農村の守護神・厄除けの神としてまつられていました。
 現在は、健康長寿、商売繁盛、家内安全の神として地元の人たちに厚く信仰され、毎年1、5、9月の例祭には中目黒八幡の神官により祭事が行われています。
平成14年3月
目黒区教育委員会

Texts

tenma
2016-12-09 10:45 (486)
tenma

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

gotosheng (2016/10/18)
Tags: 坂 東京都 目黒区
gotosheng (2016/10/16)
Tags: 坂 玉川上水 東京都 目黒区
gotosheng (2016/09/07)
Tags: 坂 東京都 目黒区
hanacoco (2015/05/20)
Tags: 新編武蔵風土記稿 坂 東京都 目黒区