Monumento

kawa_sanpo

2016/10/29

Tags: ocr-generated 三重県 朝日町

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 文学のなかの町屋川と橋
江戸期の町屋川
が盛んでした。
東海県渡る員弁川(町屋川)は、江戸期より人々
文学作品にその様子をみることができます。
日野井県西和元禄六八九)4種
ほづれより者転の挑縄手をすて失間の州町。大
報れなか村をまして、
町屋川
小顔有。大細は百六十開の上ばし也、生林。あふせ
群。かか村を行で僕達はるか」に1組の単、久し名
両機。
「東海道中膝栗毛」
「東海込み所図会』秋平離島 寛政九一七九七)年刊
着物地数。東番組。小向の所の素店にて火鉢を新端
(社し、絵場にて船本焼か無番を集す。業名の船と
なり。町屋則、歴州小役合義。和の雄、内大臣
開山期間線乗会』開川順にて鮮類ありしと
ころなり。
伊勢参宮名所図会』津川 寛政九七九七一年
町駅 鷹の量は六十間、此所より、手動に。
(m)の山本見ゆ。武西、近海一江一弥の憧なり。
東海道中果王』十辺事。
| 04
文住六八〇九一年神
人を業界の裏に細かせてのぼりくだりをまち編
用を
晴れ興じてなを村おふけ村にたどりつく。此のあたり
も駅の名物、旅人を見かけて、大鉢の腕を伸立。
中村古松の句に詠まれた町屋橋
中村古松(本名喜三郎 明治三十四-一九〇一年|昭和五十四-一九七
た新一は、朝日村大字縄生「興朝日町縄生)に生まれて町屋川のほとりに
甘み、銀行員、農業を営むとともに生涯俳句をはみ続けた人です。大正十
一九二二年俳句結社「不老会」を設立し、機関紙「松の某』を刊行しま
した。通巻六百七十六号に及ぶ「松の葉」には町屋を詠んだ句が下百あま
りもあります。昭和のはじめから半世紀にわたって町屋川を見つめ、みみ続
けた旬からは、変わらない自然と変わりゆく道や暮らしが浮かびあがってき
ます。その中から橋を読んだ句をいくつか紹介します。
線し橋を頼んだで・町屋の灯(昭和十四
足の橋の異きを踏んでし暗組+)
日割る町屋の橋をパス白し「新和二十年
軸の離れ詳しくも側の橋が神であ一剤和二十年
先バ美和次で雨屋のうら第船---
本書の流れ面解の権にトラック無く邪 ~ 年
けふうら・町屋 歩頭の渡橋式「昭和十九年
加無四万作のトリックしげく 昭和四十
橋下おこもの家やひめげる「昭和四十五年)
新説本限るを見て作ち町屋橋(昭和四十九年一
面屋雲州を書いて帰意識で「昭和五十三年)

平成十七〇〇五)年五月
国土交通省中部地方整備局三重河川国道事務所
桑名市朝日町
塾名市鶴の広場にも町一戦に関する説明板があります」

Texts

monumento
2018-03-28 11:51 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/10/29)
Tags: 東海道 久波名名所図会 三重県 桑名市
wawa (2020/01/26)
Tags: 江戸時代 寛永 旧東海道 東海道五十三次 立場 桑名市教育委員会 桑名宿 旅人 朝日町 茶店 舟運 架橋 名物 町屋川 安永餅 繩生 町屋橋 宮の渡 七里の渡 久波名所図会 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/10/29)
Tags: 桑名市教育委員会 船着場 三重県 桑名市
wawa (2017/10/11)
Tags: ocr-generated 三重県 桑名市