Monumento

Monument to Commemorate the Origin of Udon and ...

gotosheng

2016/08/20

Tags: 発祥の地 福岡県 福岡市博多区

Guide plate text

Monument to Commemorate the Origin of Udon and Soba Noodles
When he returned from Sung China in 1241, Shoichi Kokushi brought with him the skill of milling, as wel as the recipes for yokan (sweet bean jelly), manju, udon and soba. This monument is to mark his great achievement in teaching Japan these recipes and milling techniques, and the contribution he made to the development of Japan's dietary culture with regard to powered food.

Monument to Honor Onmanju Dokoro
When setting out for his Zen missionary work, Shoichi Kokushi stopped by a tea house where the owner showed him very warm hospitality. Delighted by his kindness, Shoichi Kokushi taught him the recipe for manju (steamed sweet buns) that he had acquired in China and handwrote a sign saying "Onmanju Dokoro" (place of manju). The sign still exists and is in the possession of Toraya, a shop in Tokyo. Its replica has been bequeathed to Hakata Matsuya.

Monument to Honor Mitsuta Yazaemon
When Yazaemon came back from Sung China with Shoichi Kokushi in 1241, he brought back methods to make textiles, somen noodles, fragrances and so on. He taught some of the methods extensively in Hakata but kept the weaving technique within his family. Since then, various original techniques have been added to produce the "Hakata-ori" textile we know today.

馄饨荞麦发祥地之碑
1241年、从中国宋朝回国的圣一国师、除了羊羹。馒头、面条的制作方法、还把面粉制作技术也带回了日本、为日本的面粉美食文化的发展作出了巨大贡献。当时为了铭记圣一国师的丰功伟绩、建立了该碑。

御馒头所之碑
一天、圣一国师在传道的路上途经一家茶馆时、受到茶馆主人无微不至的款待。圣一国师感激不尽、于是把从宋朝带回国的制作馒头的方法传授于他、并书写"御馒头所"的招牌相赠。这块招牌保存至今、被收藏在东京的“虎屋"、它的复制品被留在了博多松屋。

满田弥三卫门之碑
1241年、与圣一国师一同从中国宋朝回国的弥三卫门、把纺织品、麝香、挂面、箔、朱墨的制作方法带回了日本。这些制造方法在博多民间广为流传、其中仅有纺织技术被作为家传、其后不断增加独创技法、被传承至今、成为 “博多织"。

饂飩・蕎麦発祥之地の碑
仁治2年(1241年)、中国の宋より帰国した聖一国師は、羹、饅、麺の製法とともに、製粉技術も日本に持ち帰りました。羹は羊羹、饅は饅頭、麺は饂飩・蕎麦等を指しますが、聖一国師により伝えられた製法・製粉技術のおかげで、日本の粉食文化が大きく発展したことは言うまでもありません。この碑は、博多の地における聖一国師の偉業を後世へ伝えるものです。

御饅頭所の碑
仁治2年(1241年)、中国の宋より帰国した聖一国師が、ある日、禅の布教に出向いた先でとある茶店に立ち寄ったところ、茶店の主人に心づくしの歓待を受けました。それに喜んだ聖一国師は、南宋から持ち帰った饅頭の製法を教え、「御饅頭所」の看板まで書き与えましたこれにより、博多の地が饅頭発祥の地 とされています。看板は現存し、東京の「虎屋」が所蔵。その古い複製が博多松屋に伝えられています。

満田彌三右衛門の碑
鎌倉時代の嘉禎元年(1235年)、聖一国師とともに中国宋に渡った彌三右衛門は、6年後の仁治2年(1241年)、織物・じゃこう・素麺・箔・朱の製法を日本に持ち帰りました。これらの製法は博多の人々に広く伝えられましたが、その中の織物技術のみ家伝とされ、その後、独自の技法を加えながら現代に伝わっているのが「博多織」です。この名称は、江戸時代の福岡藩初代藩主・黒田長政が、幕府への献上品としたことから、「献上・博多織」と呼ばれるようになりました。

Texts

gotosheng
2016-08-20 21:08 (340)
gotosheng
gotosheng
2016-08-20 21:06 (1309)
gotosheng
gotosheng
2016-08-20 21:05 (606)
gotosheng

Comments/Photos

gotosheng gotosheng 4 months

饂飩・蕎麦発祥之地の碑

gotosheng gotosheng 4 months

#<User:0x0000000908d758>

gotosheng gotosheng 4 months

#<User:0x0000000906a7f8>

gotosheng gotosheng 4 months

#<User:0x00000008f810d0>

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

monumento (2014/02/18)
Tags: 天然記念物 天照皇大神 素盞鳴尊 小野好古 無形文化財 福岡県 福岡市博多区
monumento (2014/02/18)
Tags: 福岡県 福岡市博多区
monumento (2014/02/18)
Tags: 川上音二郎 オッペケペー節 シェークスピア 福岡県 福岡市博多区
monumento (2014/02/18)
Tags: 福岡県 福岡市博多区
monumento (2014/02/18)
Tags: 福岡県 福岡市博多区
monumento (2014/02/18)
Tags: 松尾芭蕉 田川鳳朗 福岡県 福岡市博多区
monumento (2014/02/18)
Tags: 福岡県 福岡市博多区
monumento (2014/02/18)
Tags: 福岡県 福岡市博多区
monumento (2014/02/18)
Tags: 豊臣秀吉 島井宗室 福岡県 福岡市博多区