Monumento

kawa_sanpo

2016/07/22

Tags: ocr-generated 愛知県 名古屋市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 梅屋鶴壽
幕末の狂歌師、享和元年(一八0)江戸神田佐久間町
に生まれる、姓は諸田、通称は初め佐吉、後、赤兵衛
と称した、株をあきない、尾州家の御用を勤める。
若い頃から狂歌を得意とし、始めは長屋姉子、
又は松枝鶴壽とも号したが、後に長谷川町に待合
茶亭、梅の屋を出し梅屋鶴壽と言うようになった、
狂歌人物誌に「花街戯場のことをよくうがちて
今おほし本町側糸巻連の首にして共名四方に鳴
る」とある、老後には号を株翁とも言うようになった
「元治元年(一八六四)正月十二日享年六十三歳で
亡くなる。

Texts

monumento
2018-03-28 12:01 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/07/22)
Tags: 名古屋市教育委員会 auto-translate 愛知県 名古屋市
wawa (2018/06/20)
Tags: 名古屋市教育委員会 格子窓 絞問屋 塗籠造 卯建 塗籠壁 愛知県 名古屋市
kawa_sanpo (2016/07/22)
Tags: 名古屋市教育委員会 愛知県 名古屋市
kawa_sanpo (2016/07/22)
Tags: 名古屋市教育委員会 愛知県 名古屋市