Monumento

kawa_sanpo

2016/07/22

Tags: ocr-generated 愛知県 名古屋市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated * おけはざます
おおたんじょう
桶狭間を過く 大田錦城
うん、にしえ とむら ふん まえ か かつ しょうおこなん まったえ
荒原もを弟うち墳の前 戦い充て将騎を何ぞ全さを得ん
かいふうあ
ひ るやみごと きょうは)(いんくだ
怪風雨を吹いて経腸の如し 警破する(天より降るか
通解
り称るか」と慌てたが時すでに遅く
佐校の荒原、桶狭間の古墳の前に任 敗北してしまった。
時を偲び感に耐えない。永禄4年
大田錦城(七六五(一八三五)
五月十九日の今川義元は、緒戦の勝
利に驕り高ぶり油断をしていた。 「江戸時代後期の儒学者、詩人。
果たせるかな空はかきぷり怪しい風 この詩は、文政三年(一八二十
は嵐を呼び圏の如くなった。その時、旅の途中、桶狭間を競録んだもの
突如織田の奇兵に襲われ「敵は天よとされている。

Texts

monumento
2018-03-28 12:02 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/07/22)
Tags: ocr-generated 愛知県 名古屋市
kawa_sanpo (2016/07/22)
Tags: ocr-generated 愛知県 名古屋市
kawa_sanpo (2016/07/22)
Tags: ocr-generated 愛知県 名古屋市
kawa_sanpo (2016/07/22)
Tags: 織田信長 今川義元 桶狭間の戦い 信長公記 沓掛城 大高城 瀬名氏俊 auto-translate 愛知県 名古屋市