Monumento

kawa_sanpo

2016/07/22

Tags: ocr-generated 愛知県 刈谷市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated ご案内
●中津藩士の墓
●めったいくやしいの墓
●現在地
中津藩士の墓
寛保2年(1742) 豊前国(大分県)中津藩の家臣が帰国途中、今岡村付近
で突然渡辺友五郎が牟礼清五郎に斬りつけ2人とも亡くなったため2人の遺骸は、
洞隣寺に埋葬された。ところが2人の生前の恨みからか、いつのまにか反対側に
傾き、何度直しても傾いてしまうので、村人は怨念の恐ろしさに驚き、墓地を整
理して改めてあつく葬ってからは墓は傾かなくなったといわれる。
めったいくやしいの墓
昔、洞隣寺の下働きに容貌は悪かったが気立てのよいよく働く娘がいた。ある
とき高津波村の医王寺へ移ったところ、この寺の住職に一目ぼれした。しかし、
青年僧は仏法修行の身であり娘には見向きもせず寄せ付けなかった。娘は片想い
のため食も進まずついに憤死してしまった。洞隣寺の和尚はこれを聞いて亡骸を
引き取って葬ったが、この墓石から青い火玉が浮かび上がり油の燃えるような音
がしたり「めったいくやしい」と声になったりして火玉は医王寺の方へ飛んで行
ったといわれる。女の情炎の恐ろしさが語り継がれている。

Texts

monumento
2018-03-28 12:03 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/07/22)
Tags: 曹洞宗 刈谷市教育委員会 水野忠重 愛知県 刈谷市
kawa_sanpo (2016/07/22)
Tags: 東海道 刈谷市教育委員会 愛知県 刈谷市
kawa_sanpo (2016/07/22)
Tags: ocr-generated 愛知県 刈谷市
kawa_sanpo (2016/07/22)
Tags: ocr-generated 愛知県 刈谷市