Monumento

kawa_sanpo

2016/07/01

Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 龍門寺の文化財
戦国時代の天文十九年(
一五五〇)、小田原後北条氏の重臣佐枝若狭守が自ら
の館内に開創したのが龍門寺です。そのため、境内の西側と北側に残る土塁は佐
枝氏の館の名残と言われており、山号の玉峰山もこの若狭守の法号に因みます。
江戸時代には、幕府の祖・徳川家康を祀った日光東照宮に将軍が参詣する日光御
成道に面するようになり、岩槻藩主大岡忠光の菩提寺としての歴史を刻んできま
した。
国指定重要文化財(工芸品) 刀 無銘 伝助真一ロ
長さ七十センチメートルあまり。銘は失われていますが、術
前国(岡山県)の福岡一文字派の名エ助真の作と伝えられてい
ます。豪壮華麗で、鎌倉時代中期の特徴を持っています。岩槻
藩主大岡忠光の遺品で、現在は埼玉県立歴史と民俗の博物館に
寄託。
市指定有形文化財(歴史資料) 龍門寺所蔵資料
刀 無銘 伝助真 (撮影者: 要 史康氏)
「 岳
「宝暦十年(一七六O)に死去した岩槻藩主大岡忠光の墓誌の
ために、子の忠が、後に幕府を批判した思想書『柳子新論』
を著した医師兼儒官・岩槻藩士山縣大弐に作成させた「大岡忠
光行状記」や大岡忠光公関係甲冑その他や龍門寺の開基佐枝家
関係資料、龍門寺経営資料など龍門寺に伝来した資料です。
現在は埼玉県立歴史と民俗の博物館、埼玉県立文書館に寄託。
Ryumon-ji Temple was built in 1550 and later developed as the family temple of the lord Tadamitsu Ooka's family in the Iwatsuki
domain. Ryumon-ji Temple houses important cultural assets including: a katana sword (approx. 70cm long) which was made by a master
craftsman in the 13h century; resources regarding the temple and the wooden gate on the right (constructed in the 18th century inscribed);
and the grave of Tadamitsu Ooka (served under the Tokugawa Shogunate, died in 1760).
市指定有形文化財 (建造物)龍門寺山門一棟
一間一戸で、柱が四本からなる薬医門形式。桁行約三・五メートル、梁間
約一・四メートルを測ります。本柱は断面長方形の材の長辺を正面に据え、
重厚な外観を創出しています。建立年代は明確ではありませんが、建築部材
の絵様は江戸時代前半の特徴を示しています。なお、解体修理の際に、東側
の破風登裏平上面で寛政十年(一七九八)の墨書銘が発見されました。
「はいほりっこう
ぱように人
市指定史跡 大岡家の墓
江戸幕府側用人で、岩槻藩主大岡忠光(一七六〇年没)の墓。石組の基壇上
に巨大な五輪塔を据え、他にも忠光の墓碑や石灯籠を配しています。
境内南側(山門入って左側)にあります。
さいたま市教育委員会
平成二十八年三月

Texts

monumento
2018-03-28 12:06 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/06/30)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/07/01)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/07/01)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/07/01)
Tags: 岩槻市教育委員会 埼玉県 さいたま市