Monumento

hanacoco

2016-06-14

Tags: ocr-generated 東京都 文京区

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 鉄門の由来
東京大学医学部と附属病院の創立は安政五年(一八五八年)、神田お玉ヶ池の川路聖談の
屋敷地に開設された種痘所にさかのぼる。種痘所は類焼により同年、下谷和泉橋通りに移転
した。種痘所の門扉は厚い板を鉄板で囲い、鉄板の間を頭の丸い鋲釘で打ちつけ点黒に塗ってあっ
たので、江戸の人々は種痘所を鉄門と呼んでいた。種痘所は西洋医学所、医学所、医学校、
大学東校、東校、東京医学校と改称され、明治十年(一八七七年)に東京大学医学部となった。
東京医学校は明治九年(一八七六年)に本郷に移転した。本館は時計台のそびえる洋館で、
現在の附属病院外来棟玄関の辺りに建てられた。正門はその向かい、現在の南研究棟(通称
赤レンガ)の位置(本地点より西に約三十メートル)に設置された。移転当初は種痘所の門
扉も使用されたが、やがて格子模様の鉄製扉に変えられた。
当時、医学部正門は本郷キャンパスの正門であった。明治十七年(一八八四年)に法・文学部が、
翌年理学部が神田一ツ橋から移転してきたことにより、共通の公式門として本郷通り側に正
門が設けられ、以後、医学部正門は鉄門と呼ばれるようになった。しかしながら、大正期に
鉄門前の民有地が構内に取り込まれたため鉄門は撤去された。
東京大学医学部の創立百五十周年を記念し、鉄門をゆかりのある無縁坂上に再建した。
未水く多くの人々に愛されることを願うものである。
東京大学医学部 ・医学部附属病院
GETE ■
発電所
看護法講習科
東京医学校本館と明治期の鉄門
武辺坂(無縁坂)
外来(産科婦人科・眼科・
可事项性科 - 小见科),
輔室(外科・耳鼻科)。
小思科分省
(現在の龍岡門)
南新門
理科大学
医学部本藩
裁(手相 - 生町。
・・申告」
式場。書締現乳室
医院正門
铁門
薬局
外来診療所
法医学解毒学)
明治13-11 年の構内
理科大学

..
前田邸
新和き
明治42-43年(赤煉瓦時代)
|仮正門
図書館
業物学
生理学

Texts

monumento
2018-03-28 12:07 (0)
monumento

Comments/Photos

hanacoco hanacoco over 4 years

#<User:0x007f691a834ae8>

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

hanacoco (2016/06/14)
Tags: ocr-generated 東京都 文京区
hanacoco (2016/06/14)
Tags: ocr-generated 東京都 文京区
hanacoco (2016/06/14)
Tags: ocr-generated 東京都 文京区
hanacoco (2016/06/14)
Tags: 東京都 文京区