Monumento

32nd Army Headquarters Shelter

gotosheng

2016/06/11

Tags: 沖縄戦 琉球王国 沖縄県 那覇市

Guide plate text

32nd Army Headquarters Shelter
The 32nd Army was founded in March 1944, with the objective of defending the southwest islands known as Nansei Islands. In December of same year, construction of Headquarters Shelter began, which mobilized numerous students and local residents. In March 1945, the 32nd Headquarters moved to the underground shelter and prepared for the climactic battle against the US forces.
The shelter had five connecting tunnels, but these tunnels are now blocked and we are not able to go further into the Shelter.

Over 1,000 officers, soldiers, and local civilians and students who served them, lived together in the Headquarters Shelter. The Shelter was equipped with facilities and equipments necessary for the battle command and along both sides of the passageways were double and/or triple bunk beds for the soldiers.

On May 22, 1945, the Japanese military command decided to withdraw to Mabuni in the southern region of Okinawa Island. This was a hold-out strategy to delay a decisive battle in Japan proper. A full-scale withdrawal began in the evening of May 27, and the main areas and passageways of the Headquarters Shelter were destroyed. Many precious lives were lost during the evacuation activities of both troops and civilians in association with the withdrawal of the Headquarters. On May 31, Shuri was seized by the US forces, and in the Battle of Okinawa, much of the valuable cultural heritage that spoke of the history of the Ryukyu Kingdom were lost.

第三十二军司令部壕
一九四四年三月、 日本为了保卫西南群岛而创立了第三十二军。 同年十二月、 众多的学生和附近的居民被动员起来开始建筑司令部壕。一九四五年三月、 第三十二军司令部转移到了地下壕、 准备与美军进行最后的決战。
壕内共由五个坑道相互连接而成、 如今坑道口已被封闭、 无法进入其中。
在司令部壕内、 曾经杂居了共有一千多名军人和冲绳县出身的军属及学生。 指挥战斗所需要的设施及设备都很完善、 在通道的两侧排列着军队专用的两层和三层床。
一九四五年五月二十二日、 日军司令部决定撤退到冲绳岛南部的摩文仁地区。 这是为了推迟美军侵入日本本土而采取的持久战术。 五月二十七日夜晚、 日军开始正式撤退、 司令部壕的主要部分和坑道口都遭到了破坏。在司令部撤退的同时、 许多宝贵的生命在军民混乱的逃避过程中失去了。 五月三十一日、 首里被美军占领了、 许多记载着琉球王国历史的珍贵的文化遗产被消失在这场冲绳战役当中了。

第32軍司令部壕
32nd Army Headquarters Shelter

第32軍の創設と司令部壕の構築
 1944(昭和19)年3月、南西諸島の防衛を目的に、第32軍が創設されました。同年12月、司令部壕の構築がはじめられ、沖縄師範学校など多くの学徒や地域住民が動員されました。1945(昭和20)年3月、空襲が激しくなると、第32軍司令部は地下壕へ移動し、米軍との決戦にそなえました。
 壕内は五つの坑道で結ばれていましたが、現在、坑口は塞がれ、中に入ることはできません。

第32軍司令部壕内のようす
 司令部壕内には、牛島満軍司令官、長勇参謀長をはじめ総勢1000人余の将兵や県出身の軍属・学徒、女性軍属などが雑居していました。戦闘指揮に必要な施設・設備が完備され、通路の両側には兵隊の二、三段ベッドが並べられました。壕生活は立ち込める熱気と、湿気や異様な臭いとの闘いでもありました。

第32軍司令部の南部撤退
 1945年5月22日、日本軍司令部は、沖縄島南部の摩文仁への撤退を決定しました。本土決戦を遅らせるための、沖縄を「捨て石」にした持久作戦をとるためでした。5月27日夜、本格的な撤退が始まり、司令部壕の主要部分と坑口は破壊されました。司令部の撤退にともなう、軍民混在の逃避行のなかで、多くの将兵と住民が命を落とすことになってしまいました。5月31日首里は米軍に占領されましたが、沖縄戦 によって、首里城正殿をはじめとする琉球王国 の歴史を物語る貴重な文化遺産は失われてしまいました。
2012年3月 沖縄県

Texts

gotosheng
2016-07-12 20:30 (404)
gotosheng
gotosheng
2016-07-02 23:24 (2)
gotosheng
gotosheng
2016-06-26 18:11 (2)
gotosheng
gotosheng
2016-06-11 21:57 (1502)
gotosheng
gotosheng
2016-06-11 21:25 (654)
gotosheng

Comments/Photos

gotosheng gotosheng 6 months

第32軍司令部壕

gotosheng gotosheng 6 months

#<User:0x0000000d3a2d40>

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

monumento (2014/03/18)
Tags: 沖縄県 那覇市
ogaworks (2016/06/08)
Tags: 沖縄戦 琉球石灰岩 沖縄県教育委員会 沖縄県 那覇市
monumento (2014/03/18)
Tags: 沖縄戦 沖縄県 那覇市
monumento (2014/03/18)
Tags: 方冊蔵経 沖縄県 那覇市
monumento (2014/03/18)
Tags: 日時計 駕籠 auto-translate 門 漏刻 水時計 沖縄県 那覇市
monumento (2014/03/18)
Tags: 琉球王国 冊封使 首里城 尚清王 赤瓦 沖縄県 那覇市
gotosheng (2016/07/07)
Tags: 沖縄県教育委員会 沖縄県 那覇市
monumento (2014/03/18)
Tags: 琉球 国指定史跡 臨済宗 鎌倉 円覚寺 伽藍 国宝 沖縄県 那覇市
monumento (2014/03/18)
Tags: 琉球 薩摩藩 江戸幕府 沖縄県 那覇市