Monumento

kawa_sanpo

2016/06/11

Tags: ocr-generated 東京都 葛飾区

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 江戸・東京の農業 金




金町コカブは、明治末期に金町(現在の葛飾区東金町)の長谷緑之助が、下千葉中生というコカブを、4月に早
どりできるように改良しました。
当時は、千住市場に出荷され、新カプと言われていましたので、高級料亭等に高値で取り引きされていました。
その後は金町一帯で広く栽培されるようになり、さらに、東京から全国に広まったカブの品種です。
「金町コカブ」は春に花芽が出にくい性質をもっているため、春の栽培がしやすい特徴を生かして、金町周辺で
は盛んに生産が行なわれました。
青物の乏しい春先、霜や寒さで傷んでいない青々とした葉や真っ白で光沢のあるカブは消費者に大変喜ばれました。
平成9年度JA東京グループ
農業協同組合法施行五十周年記念事業
葛飾農業協同組合
THE AGRICULTURE OF EDO & TOKYO」
Kanamachi Kokabu
Kanamachi Kokabu (small turnip) was bred by Rokunosuke Nagatani of the present Higashi Kanamachi
Katsushika ward in the late Meiji Era. He improved the “Shimo Chiba Nakate' (mid-season variety) to
be harvested in April. It was called 'Shin-Kabu' (new turnip), at its appearance and became very popular
among high-classed Japanese restaurants, etc. It was traded at higher prices because they shipped it only
to Senju market. In early spring when fresh vegetables were still scarce, the pure white turnip with vivid
green leaves was very much welcomed by consumers.

Texts

monumento
2018-03-28 12:08 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/06/11)
Tags: ocr-generated 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2016/06/11)
Tags: 力石 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2016/06/11)
kawa_sanpo (2016/06/11)
Tags: 葛飾区教育委員会 坂東三十三観音霊場 東京都 葛飾区