Monumento

kawa_sanpo

2016/06/11

Tags: ocr-generated 東京都 葛飾区

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 江戸・東京の農業 千住ネギの産地
葛飾区北部にあたる金町、水元、新宿地区一帯は、昭和の中期までいわゆる千住ネギの産地として全国的にも有名でした。
当地区の種農家たちは、もともと千住付近(現在の荒川区と足立区にまたがる地域)にあった古い「熊手ネギ」や「砂村ネギ」などから越
抜改良して、良質な「根深一本蔑」を競って作りだし、これらを総称して「千住ネギ」といわれてきました。中でも地元が生んだ金ネキ」
は、その品質の良さから全国的に広く作られていきました。
当地での千住ネギ栽培の起源は不明ですが、本格的生産は明治中期以降とされ、日清、日露の戦勝景気で需要も急増し、庶民の食生活を豊
かにしてきました。
土質が適していた当地産の千住ネギは軟白部分が長くて締まりも良く、煮くずれしないため、とくにすき焼きなどの鍋物に好んで使われま
した。
千住市場には、江戸時代から千住ネギの荷が集まり、当地では大正の頃、正月の初荷に」 150kgの巨大な荷姿のネギを出荷して祝うなど、
当時の産地の勢いと、農家の心意気がうかがえます。
平成9年度JA東京グループ
農業協同組合法施行五十周年記念事業
葛飾農業協同組合
THE AGRICULTURE OF EDO & TOKYO
Senju Negi (Welsh onion)
The northern part of Katsushika ward including Kanamachi, Mizumoto and Niijuku areas was known throughout the
country for its production of famed Senju Negi (welsh onion) until the middle of Showa Era.
The Origin of Senju Negi cultivation is obscure. It was grown intensively since the middle of Meiji Era to cope with the
increase in demand engendered by the postwar booms of the Sino-Japanese War (1894-1895) and the Russo-Japanese War
(19404-1905) and improved the menu of the people's diet.」
Favored with fertile deep soil, Senju Negi had longer white underground portions, adequately firm texture to stand
collapsing when boiled and, thus, was especially relished as a popular assortment for Sukiyaki and other foods served in a pot.

Texts

monumento
2018-03-28 12:08 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/06/11)
Tags: ocr-generated 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2016/06/11)
Tags: 力石 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2016/06/11)
kawa_sanpo (2016/06/11)
Tags: 葛飾区教育委員会 坂東三十三観音霊場 東京都 葛飾区