Monumento

kawa_sanpo

2016/06/06

Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated さいたま市指定有形民俗文化財
南部領辻の獅子舞獅子頭、衣裳及び道具類
平成四年三月二十五日指定
天狗、弓持ち、お守り持ち、笛(二人)、筋(二人)、太夫、中獅子、
女獅子の十人分の衣裳及び道具類からなります。簡方、彫方が被
る花笠(オゼン)の一つには、明和五年(一七六八)に岩槻の林藤
町で作ったことが墨書されています。獅子頭をはじめや天狗
面に至るまで、制作は優れており、激しい舞にもかかわらず、良
「好な保存状態を保っています。
なお、これらの衣裳及び道具類を納める長持及び長持覆い
式が付けたり指定となっています。
たまがもう
さいたま市指定無形民俗文化財
南部領辻の獅子舞
平成十五年四月三十日指定
この獅子舞は、八幡太郎義家の弟、
新羅三郎義光が奥州へ兄を助けに向
かう途中、兵士の士気を鼓舞するため
に舞ったものを、土地の人たちが習っ
て伝えたものといわれます。
いわゆる「三頭一人立ち」の獅子舞で、
「毎年五月と十月に鷲神社に奉納され
るほか、五月の奉納後には地域を回り、氏子の庭先でも舞われます。
地域の「厄払い」のために舞われるという本来の姿をよく伝える
獅子舞で、太夫(大獅子)を中心にした三頭の獅子が勇壮に舞います。
平成十五年十二月
さいたま市教育委員会

Texts

monumento
2018-03-28 12:10 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/06/06)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/06/06)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/06/07)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/06/07)
Tags: ocr-generated 埼玉県 さいたま市