Monumento

itog

2016-03-20

Tags: ocr-generated 長野県 上田市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 瓦窯跡観察施設
この窯跡は昭和四十三年二月運輸会社建設工事の際
発見され、同年三月の緊急発掘調査により半れ下式平
跡「基であることが確認された。
これは尼寺金堂跡の北東約二百メートルに位置し、窯の中
心線は「基とも東偏二十冊度三十分で、中心線の間隔はmix
*ートルである。構造は瓦を使って構築した平窯では大き
い河原石を左右に立て、その上に大石をのせてある。
燃焼室はラッパ状に焼成室にかかって広がり、成室」の
境は障壁によって分けられ、下部に三個の通孔を設けて
ある。芝成室は七本のロストルを設け、奥壁内に三本の道を
つくってある。この芝居室の高さは風の園がひされている
ので明確ではないが、およそ「三メートル程度と推定される。
また、構築料となっている瓦は国分寺創建時の瓦と本気の
エ人が作製したものの二種であり、操業は平安時代初料に
おける国分僧寺、尼寺の大修理に際して行なわれたと推定
され(回についての瓦焼成数は瓦を三段詩にした場合的な日救
程度と考えられる。
なお、この観察施設は上田市が県の補助を得て、
の経費で建設したもので、二基の窯跡を鉄筋コンクリート壁
で保護し、両側の「基について観察の便をり、他の「若
は床の下に埋め戻されている。
昭和十八年 十月
- 上田市教育委員会

Texts

monumento
2018-03-28 12:10 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

itog (2015/12/20)
Tags: さいかちの木 さいかち auto-translate 樹木 太郎山民俗遊歩 長野県 上田市
itog (2016/06/05)
Tags: ocr-generated 長野県 上田市
itog (2016/06/05)
Tags: ocr-generated 長野県 上田市
itog (2016/06/05)
Tags: ocr-generated 長野県 上田市