Monumento

auto-translate Not until city designated tangib...

kawa_sanpo

2016/06/03

Tags: 本陣 旅籠 脇本陣 徳川家治 さいたま市教育委員会 大門宿 酒井忠以 安藤信成 埼玉県 さいたま市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Not until city designated tangible cultural property (buildings) daimon-Juku wakimoto's Gate
Specify 4/19/1972 Daimon-Juku in the sacred path of the sunlight station one Honjin and Waki-Honjin ichi, hatago six had.
Here is wakimoto team the Honjin are substantial. This gate at the joinery, thatched-roof, is a tranditional is standing hidden (the gate down half-weed), wicket.
Compared with the base whereas width 16.00 m, 4.60 meters deep and is nearly the scale base gate and Honjin wall at the great wall vertical lattice Windows of bandokoro, Makabe chart, not here, Windows runs diamond child next to the somewhat simplified. This gate was erected in the clear, but according to the Sun, see 0/1776 (1776) Tokugawa ieharu (teen General) built and considered.
The Himeji Lords served as the rear at this time, Sakai t.. depart here to stay, on the return journey, Iwaki Taira clan Ando nobunari did pause here.
Furthermore, on record at the time of written "Honjin in West", "Nishimoto team".
This gate is very valuable as the ruins tell the marvellously daimon-Juku's Honjin gate and.
3/2006
Saitama city Board of education This is a personal site. See 立chi入ranaide in the back than this.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 直到市指定有形文化财产 (建筑物) 大门补习胁元门
指定 1972/4/19
在阳光下站一本阵和胁本阵第一,哈塔格六神圣之道大门补习了。 这里是胁本团队本阵是坚固。
这扇门在细木工,茅草屋顶,是传统站隐藏 (下来半杂草闸门),检票口。 相比的基地,而宽度 16.00 米,4.60 米深度,是近规模基地大门及本阵墙,长城竖格子 Windows bandokoro,摩贺部图表,不在这里,Windows 运行钻石孩子旁边有所简化。
这门被架设了清楚,但根据太阳,看到 0/1776年德川家春 (1776 年) (青少年一般) 建和考虑。 姬路市上议院在此时担任后方,酒井 t.。 这里离开,留下来,在回程的路上,磐平氏族安藤 nobunari 做在这里暂停。
此外上写"本阵在西","西元团队"当时的新记录。
这门是非常宝贵的因为废墟告诉奇妙地大门补习本阵门和。
2006 年 3 月
埼玉市教育委员会
这是一个个人网站。 请参阅立chi入ranaide 中比这回。

さいたま市指定有形文化財(建造物) 大門宿脇本陣表門
昭和四十七年四月十九日指定
 大門宿 は、日光御成道の宿駅で、本陣 一、脇本陣 一、旅籠 六軒がありました。ここは、脇本陣で、本陣がはす向かいにあります。
 この表門は、寄棟造、茅葺きで、「立隠れ」(門構えが半間引込む)、くぐり戸のある長屋門です。間口十六・〇〇メートル、奥行き四・六〇メートルと、ほぼ本陣表門と同規模ですが、本陣の壁が大壁で縦格子窓付きの番所があるのに対し、ここは、真壁で番所がなく、窓は横に菱子が走るなど、本陣と比べるとやや簡略化されています。
 この表門の建立年代は明らかになってはいませんが、安永五年(一七七六)の徳川家治(十代将軍)の日光社参にあわせて建てられたものと考えられています。この時に、しんがりを勤めた姫路藩主酒井忠以 が往路ここに宿泊をし、帰路には、磐城平藩主安藤信成 がここで休止をしました。
 なお、当時の記録には「西御本陣」「西本陣」などと記されています。
 この門は、本陣表門とともに、大門宿の往時の姿を伝える遺構として、大変貴重なものです。
平成十八年三月
さいたま市教育委員会
個人の敷地です。これより奥には立ち入らないでください。

Texts

tenma
2016-06-07 18:40 (517)
tenma

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/06/03)
Tags: 宿場 徳川家治 大門宿 松平定静 酒井忠以 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/06/03)
Tags: 浄土宗 徳本 浦和市教育委員会 auto-translate さいたま市教育委員会 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/06/03)
Tags: 埼玉県 さいたま市
kawa_sanpo (2016/06/03)
Tags: 宿場 真言宗 風土記稿 源盛 埼玉県 さいたま市