Monumento

名護親方 程順則

gotosheng

2016/05/22

Tags: 北部国道事務所 沖縄県 名護市

Guide plate text

名護親方 程順則(なごうえかた ていじゅんそく)
程順則(1663年10月28日~1734年12月8日)は、那覇の久米村に生まれました。童名を思武太、字名は寵文といいます。近世の沖縄を代表する学者・文人であり、教育者・政治家です。久米村の総責任者として、子弟の教育と人材の育成に情熱を注ぎ、琉球王府を支える多くの人材を輩出しています。また、近世の日本本土で知られる唯一の沖縄人です。
程順則は21歳の時、中国に留学して以来、王府を代表する使節として計5回も中国に赴いています。中国の文人たちとの交流を深め、いつも貴重な文物を持ち帰り、中国文化の普及に努めました。自らもすぐれた漢詩文を作り、また多くの詩文集を編集しました。進貢正議大夫として4回目の渡中のおり、「六諭衍義(りくゆえんぎ)」と「指南広義」を自費で印刷し、1708年に持ち帰りました。
「六諭衍義」は、のち薩摩を経由して八代将軍吉宗に献上され、室鳩巣に和訳させ、「六諭衍義大意」として出版されました。この本は、江戸時代中期から明治初めにかけて、庶民教育の教科書として全国の各藩、また津々浦々の寺子屋で使われ広まりました。
程順則は、66歳の時に、それまでの功績によって名護間切の惣地頭職を授かり、1734年に亡くなるまで丸6年間名護とさまざまな関わりをもちました。彼は、その人格と素養・徳によって「聖人」として人々から深く尊敬されました。とくに名護では、昔から旧正月元旦に役所で「御字拝み」として、名護親方程順則自筆の「六諭」(聖義)の書を掲げ、その高徳をしのび、新しい年の心構えを誓う行事が催されています。
「六諭」の読み方と意味
孝順父母 父母に孝順なれ(父母に孝行しなさい)
尊敬長上 長上を尊敬せよ(目上の人を尊敬しなさい)
和睦郷里 郷里は和睦せよ(郷里はうちとけなさい)
教訓子孫 子孫を教訓せよ(子孫を教え導きなさい)
各安生理 おのおのの生理に安んぜよ(おのおのの生業に甘んじなさい)
母作非為 非為をなすなかれ(悪いことをしてはいけない)
名護市教育委員会
北部国道事務所

Texts

gotosheng
2016-05-26 20:21 (1)
gotosheng
gotosheng
2016-05-22 18:57 (863)
gotosheng

Comments/Photos

gotosheng gotosheng 7 months

名護親方 程順則

gotosheng gotosheng 7 months

#<User:0x000000087dcaf0>

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

gotosheng (2016/05/24)
Tags: 沖縄戦 沖縄県 名護市
ogaworks (2015/01/12)
Tags: 織田信長 豊臣秀吉 江戸幕府 一里塚 街道 辺野古 1604 比嘉春潮文庫 琉球国絵図帳写 正保国絵図 イキリヅカ 宿道 北部国道事務所 名護市教育委員会 沖縄県 名護市
ogaworks (2015/01/12)
Tags: 沖縄県 名護市
ogaworks (2015/01/12)
Tags: シマチスジノリ ユフル屋 銭湯 テナガエビ カニ カワニナ グッピー 宜野座村教育委員会 沖縄県 国頭郡宜野座村
gotosheng (2016/07/10)
Tags: 沖縄戦 沖縄県 国頭郡宜野座村