Monumento

北方領土

2016/05/07

Tags: ocr-generated 北海道 根室市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated れ人殉難基
寛政元(一七八九)年五月、和人のアイヌ民族に対する脅迫や非出
行為によって追い詰められた結果、国後島と現在の標津町、羅臼町村
近のアイヌ民族が和人七十一人を殺害した。この出来事は、「クナシリ・
メナシの戦い」と呼ばれ、最終的にノッカマップ(根室市松の内)で
戦いに関わったアイヌ民族三十七人が和人によって処刑された。
この墓碑は、殺害された和人七十一人の供養のために文化九(一八
||)年に造られたもので、明治四十五年、納沙布岬に近い席用の
海中で発見されたという。現地で保存されていたが、昭和四十三年、
国後島を臨むこの地に移設された。
表面
(梵字)横死七十一人之墓
裏面
成元年己西夏五月此地惡
弱肉結綱常勝亭追平本土
漫古認七十一人也姓名記録
別在百芒乎兹台非理石
「意味」
不劇の死を遂げた七十一人の
(意味)
露元年五月に、この地力の回数なアイヌが集まり、
変盤反乱を起こした。都合せた防や治説
合計七十一人が滅された。その姓名の記録は
役所にある。Jr」に合わせて供しこの所を建てる。
[意味
文化九年四月に獲てる
側面
文化九年在壬申四月还
壁碑裏面には、和人の視点からアイヌ民族が不意に襲ってきたとあるが、
和人が殺害された原因はアイヌ民族への非道行為が原因であり、石碑の
内容と史実は異なる。
指定年月日 昭和四十二年七月二十五日

枢座市教育委員会

Texts

monumento
2018-03-28 12:12 (0)
monumento

Comments/Photos

cartiger over 4 years

北方領土

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour