Monumento

kawa_sanpo

2016/04/30

Tags: ocr-generated 愛知県 岡崎市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 本陣跡
宿場には様々な施設がありました。中でも中心となるのは、人
々を休泊させる本陣、脇本陣、旅籠屋、茶屋などの休泊施設と、
隣の宿場から運ばれてきた公用の荷物や通信物を次の宿場に送る
という継ぎ送り業務を行う問屋場でした。本陣、脇本陣は大名や
公家、公用で旅をする幕府の役人といった上流階級の客を休泊さ
せ、一般の旅行者は旅籠屋、茶屋などに休泊しました。
藤川宿には当初二軒の本陣があり、一番本陣、二番本陣として
本陣、脇本陣の役割を果たしていました。しかし、藤川宿は東海
道の中でも規模の小さい宿であったこと、西隣の岡崎宿が栄えて
いたことから、ここに宿泊する旅行者は少なく、本陣、脇本陣の
経営は厳しいものでした。そのため、本陣、脇本陣の経営者は退
転と交代を繰り返しました。
本陣は現在の藤川駐在所等の隣地を含めた長方形の土地に建っ
ていました。本陣の間取り図によると、建物は街道沿いに建ち、
敷地の北側は畑になっていました。井戸は二か所あり、中庭に面
した座敷がありました。北側の畑を囲っていた石垣は現在も残さ
れており、北の山々を望む眺望は江戸時代のままです。本陣の規
模としては大きなものではありませんでしたが、藤川宿の中では
一番の格式を誇っていました。
明治に入り、廃藩置県が行われ、本陣と脇本陣はその役目を終
えました。その際に本陣を営んでいたのは森川家でした。平成二
一年、その御子孫である森川武氏から、岡崎市へ土地が寄附され、
平成二六年に藤川宿本陣跡広場として整備されました。
また、西側にある脇本陣跡には石垣や享保四年(一七一九)に
建築された門が残っており、岡崎市の史跡に指定されてい
ます。現在は
藤川宿資料館
が建ち、藤川
宿に関わる資
料が展示され
ています。


(「事編崎市史 近世3)

Texts

monumento
2018-03-28 12:13 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/04/30)
Tags: 脇本陣 藤川宿まちづくり研究会 愛知県 岡崎市
kawa_sanpo (2016/04/30)
Tags: ocr-generated 愛知県 岡崎市
kawa_sanpo (2016/04/30)
Tags: ocr-generated 愛知県 岡崎市
kawa_sanpo (2016/04/30)
Tags: 徳川家康 東海道 五街道 藤川宿 岡崎市教育委員会 愛知県 岡崎市