Monumento

kawa_sanpo

2016/04/30

Tags: ocr-generated 愛知県 豊川市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated あたしじょ ふくでんせつ
菟足神社と徐福伝説
今から二千百年ほど前、戦国の中国を統一した秦の始皇帝は、徐福から東方海上に運
薬など三つの神山があり、そこには不老不死の霊薬があるということを聞いた。そこで、
始皇帝はその霊薬を求めて来るよう徐福に命じ、三千人の童男童女と百工(多くの技術者)
を連れ、運薬の島に向かわせた。しかし、出発してからのその後の徐福一行の動向はわか
っていない。
「ところが、わが国には徐福一行の渡来地といわれている所が二十余箇所もある。しかも、
わが小坂井町が徐福渡来地の一箇所として挙げられているのである。それは次のような英
足神社に係わることからいわれるようになったと考えられている。
- 熊野に渡来した徐福一行は、この地方にも移り住み、その子孫が秦氏を名乗っている。
豊橋市日色野町には、「秦氏の先祖は、中国から熊野へ渡来し、熊野からこの地方に
来だ」との言い伝えがある。
・ 牛窪記(元禄十年(一八九七)頃成立)には、「崇神天皇御宇二紀州手間戸之漠ヨ
リ徐氏古座侍郎乏府(北国渡六本松ト云浜二来ル。 中略 徐福ガ
孫古座侍郎三州二移リ来ル故二本宮山下秦氏者多シ……」とある。
| 英足神社の創設者は、「秦氏」ともいわれている。
菟足神社県社昇格記念碑(大正十一年十二月二十日昇格)に、「菟足神社は延喜式
内の旧社にして祭神菊上足形命は中 昭 雄略天皇の御世、穂の国造
に任けられ給ひて治民の功多かりしかば平井なる柏木浜に宮造して流ひまつりしを天
武の白鳳十五年四月十一日神の御館のまにまに楽石勝をして今の処に移し祀らしめ給
ひしなり………」と記されている。
II 英足神社には、昔から中国的な生贄神事が行われている。
古来困足神社の察事には、活の生贄を供えていた。三河国の国司大江定基が、その
生贄の残忍なありさまを見て出家し、唐に留学し寂照法師となったことが、「今昔物語」
(平安後期)に書かれている。生贄神事には人身御供の伝説もあるが、現在では雀十
二羽を供えている。
以上のほか、三河地方が古来から熊野地方とは海路による往来が行われ、熊野信仰の修
験者により熊野に伝わる徐福伝承が伝えられた。また、小坂井町が交通の要地で、東西を
往来する人達のなかからも徐福の故事が伝えられたとも考えられる。
豊川市


Texts

monumento
2018-03-28 12:14 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

Spots near

kawa_sanpo (2016/04/30)
Tags: ocr-generated 愛知県 豊川市
kawa_sanpo (2016/04/30)
Tags: ocr-generated 愛知県 豊川市
kawa_sanpo (2016/04/30)
Tags: 弁慶 豊川市教育委員会 小笠原長重 愛知県 豊川市
kawa_sanpo (2016/04/30)
Tags: 茶屋 吉田宿 御油宿 小坂井町教育委員会 愛知県 豊川市